FC2ブログ

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スプリングフィールドロイヤルカントリークラブ-2019Round(12)

今日で6ラウンド連続となり、初めて6ラウンド連続を経験するが、最終日なのでホテルをチェックアウトしてスーツケースも車に乗せての出発だが、帰国が深夜12時30分の出発なのでいつもよりゆっくりの7時45分出発。
8時48分ティーオフで、スプリングフィールドロイヤルカントリークラブでのラウンドだが、ここでもパット練習の余裕はない。

スプリングフィールドロイヤルは、ジャック・ニクラウスが設計し1993年にオープンした18ホールのゴルフコースです。伝説のジャック・ニクラウスのデザインと聞いただけで、ホアヒンに来たならぜひ訪れたくなる人も多いでしょう。その後、2005年にはさらに挑戦意欲をかきたてる9ホールがオープンしています。
このチャンピオンシップコースでは、タイオープンの他に多くのチャンピオンシップが開催されており、ブラックティーからプレーするには少し勇気がいります。
ニクラウスデザインのコースでは、一秒も気を緩めることはできません。大きなバンカー、定期的なウオーターハザード、成熟した木々の林を避けるために、ショットには常に正確さが必要とされます。コースの質を考えればグリーンフィーははかなりお得なはずです。それぞれのホールには5つのティーがあり自分に合ったティーを選択できるので、あらゆるレベルのゴルファーがゴルフを楽むことができます。オールドデザインとニューデザインの両方を最大限に楽しむ方法として、AコースとCコースのセクションを試してみることをおすすめします。コースには6つのキオスクもあり、プレー中のリフレッシュに便利です。
スプリングフィールドカントリークラブの創設者は、野生生物の保護に熱心に取り組みました。その結果、ゴルフ場の周辺にはアヒル、フクロウ、カモ、スズメ、ブルーバード、サギ、ウズラ、および鷹など、100種類以上の鳥たちが生息しています。


00スプリングフィールド

0スプリングフィールド

Mountain Course
Mountain01.jpg

Mountain02.jpg

Mountain03.jpg

Mountain04.jpg

Mountain05.jpg

Mountain06.jpg

Mountain07.jpg

Mountain08.jpg

Mountain09.jpg


Lake Course
Lake00.jpg
後半スタート前に、持ってきたバナナを食べたまでは問題なかったが、キャディさんからフルーツを貰って食べたら酸っぱく感じ、その後胃のあたりに違和感が出て,変になってきた。
昨日までのラウンドでは、持参した水筒に氷を入れたスポーツドリンクを飲んでいたが、今日は最終日なので水筒をスーツケースに入れてしまい、お茶、ミルクティー、水の3種類のペットボトルを持参したが、気温が高く温まってしまい、まずくてあまり飲めなかった。
軽い熱中症かも。

Lake01.jpg

Lake02.jpg

Lake03.jpg
Lake03-1.jpg

Lake04.jpg

Lake05.jpg

Lake06.jpg

Lake07.jpg

Lake08.jpg

Lake09.jpg

≫ Read More

スポンサーサイト



| 海外ラウンド日記 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンヤン・ゴルフクラブ-2019Round(11)

今日で5ラウンド目のバンヤン・ゴルフクラブだが、今日も又、ホテルを7時出発の7時30分ティーオフ予定が出発が遅れてゴルフ場到着がティーオフの10分前という、日本では考えられない展開で大忙し。

バンヤン・ゴルフクラブホアヒンは2008年にオープンした比較的新しいコースですが、ホアヒンではブラックマウンテンと並び大変人気のコースです。パイナップルプランテーションの敷地内に建てられた7,361ヤードのパー72コースは、高地のグリーン、傾斜したフェアウェイ、蛇行した小川、よく配置されたバンカーが特徴です。バンヤン・ゴルフクラブは、2009年、『Asian Golf Monthly』誌の読者により、『The Best New Course in Asia Pacific(アジア太平洋で最高のニューコース』 に選ばれています。
ゴルフコースは、西には山々の美しい景色を眺め、そして東には海の景色と、ホアヒンでは最高の立地条件にあります。


01バンヤン

02バンヤン

03バンヤン

04バンヤン

05バンヤン

06バンヤン

07バンヤン

08バンヤン

09バンヤン


10バンヤン

11バンヤン

12バンヤン

13バンヤン

14バンヤン

15バンヤン

16バンヤン

17バンヤン

18バンヤン

≫ Read More

| 海外ラウンド日記 | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラックマウンテン・ゴルフクラブ-2019Round(10)

今日4ラウンド目のブラックマウンテン・ゴルフクラブは、ホテルを6時30分に出発するが朝食が6時からなので大忙しで、ティーオフは7時12分と、太陽がまだ低く、スタートホールは夕方のような感じ。

ブラックマウンテン・ゴルフクラブ・ホアヒンは、素晴らしい山々の景色を楽しめるゴルフコースです。タイのゴルフ場でもベストデザインとうたわれ、メンテナンスがよく施されています。2012年には、ゴルフダイジェストで世界最高のコース100に選ばれ(米国以外)、いくつかのアジアPGAイベントの主催を務めました。
ブラックマウンテン・ゴルフクラブ・ホアヒンは、ヨーロッパ人オーナーが運営していることもあり、ヨーロッパのプロゴルファーに人気のコースです。コースは一年中手入れが行き届いており、リゾートは一流のサービスを提供します。


0ブラックマウンテン

01ブラックマウンテン

02ブラックマウンテン
02-1ブラックマウンテン
02-0ブラックマウンテン

03ブラックマウンテン

04ブラックマウンテン

05ブラックマウンテン

06ブラックマウンテン
06-1ブラックマウンテン

07ブラックマウンテン

08ブラックマウンテン

09ブラックマウンテン


10ブラックマウンテン

11ブラックマウンテン

12ブラックマウンテン

13ブラックマウンテン

14ブラックマウンテン

15ブラックマウンテン

16ブラックマウンテン
16-1ブラックマウンテン

17ブラックマウンテン

17ブラックマウンテン

≫ Read More

| 海外ラウンド日記 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パームヒルズゴルフクラブ-2019Round(09)

3ラウンド目のパームヒルズゴルフクラブだが、ホテルを7時出発で7時52分ティーオフと少し時間があると思ったが、ここでもスタート前のハット練習はできず、今日も又、距離感のわからないパットに大苦戦。

1992年にオープンしたパームヒルズゴルフクラブは、ホアヒン初の国際標準ゴルフコースで、6,887ヤードのコースでは山々の地平線、穏やかな湖、海の景色を見渡せます。パームヒルズゴルフクラブは、幅広いフェアウェイ、ウォーターハザードに恵まれており、歩き易いコースです。グリーンは草木に囲まれ、そのスピードは速く、また丘陵の地形が難解なスロープを作っています。
マックス・ウェクスラー氏が設計したこのコースは、東から西へと伸び、その両端には湖があり、クラブハウスで隔てられています。パームヒルズ ゴルフクラブ という名前は、フェアウェイのパームツリーの並木とたくさんの山の斜面から由来しています。また、コースのリンクに点在する色とりどりのプルメリアとブーゲンビリアの木が印象的です。滑りやすい下り坂でのパットを避けるためには、アプローチショットでフラッグの右側にボールを落とすことが重要です。


01パームヒルズ

020パームヒルズ
02パームヒルズ

03パームヒルズ

04パームヒルズ

05パームヒルズ
05-1パームヒルズ

06パームヒルズ

07パームヒルズ

08パームヒルズ

09パームヒルズ


10パームヒルズ

11パームヒルズ

12パームヒルズ

13パームヒルズ

140パームヒルズ
14パームヒルズ

150パームヒルズ
15パームヒルズ

16パームヒルズ

17パームヒルズ

18パームヒルズ

≫ Read More

| 海外ラウンド日記 | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーパインゴルフコース-2019Round(08)

2日目のラウンドは、シーパインゴルフコースだが、今日も又、ホテルを7時15分出発して7時50分のティーオフと、パット練習もできない忙しさ。
シーパインズゴルフコースは、ホアヒン最新のゴルフコースで、壮大な海の景色を眺めることができます。7,305ヤード、18ホールのコースは道路に隣接する12のホールと、美しいタイ湾を走る列車の線路で隔てられた6つのホールでできています。2010年にオープンしたこのゴルフコースは、地元のゴルファーや観光客に瞬く間に人気を得ました。
冷たい海風は暑い日にはありがたいのですが、海に近いホールに近づくとその風はあだになりプレーを困難にさせます。シーパインズという名前に由来するパインツリー(松の木)がビーチ沿いに点在しており、その後ろにはビーチ、美しい海、そしてタイの湾に浮かぶ遠い島々の景色が広がります。
コースはかなり平坦ですが、池がたくさんあるので、気を緩めることはできません。ロストボールは覚悟してください。新しいグリーンのスピードは遅いのですが、最後の3ホールは印象深く、思い出深いホールとなるでしょう。

0シーパインGC

00シーパインGC

000シーパインGC

01シーパインGC

02シーパインGC

03シーパインGC
03-1シーパインGC

04シーパインGC

05シーパインGC

06シーパインGC

07シーパインGC

08シーパインGC

09シーパインGC

10シーパインGC

11シーパインGC


13シーパインGC

14シーパインGC

15シーパインGC

16シーパインGC
16-1シーパインGC
16-2シーパインGC

17シーパインGC

18シーパインGC
ラーチャパック公園
ラウンド終了後ラーチャバック公園に立ち寄り。

≫ Read More

| 海外ラウンド日記 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロイヤルホアヒンゴルフコース-2019Round(07)

1日目のロイヤルホアヒンゴルフコースは、ホテルから見える場所でホアヒン駅のすぐ裏、しかし、ホテルを7時出発でティーオフが7時30分と忙しく、着替えるとすぐにスタートで、グリーンの速さも全く不明。

ロイヤルホアヒンゴルフコースの18ホールは、なだらかな丘陵の地形に沿って伸びており、フェアウェイの側にそそり立つ石灰岩は、高い木々と共にフェアウェイから迷い出たゴルファーにとって良い日よけとなっています。フェアウェイの並木やドッグレッグホール、小高い円形のグリーンでは、プレーヤーの技量が試されます。

01ロイヤルホアヒン

02ロイヤルホアヒン

03ロイヤルホアヒン

04ロイヤルホアヒン

05ロイヤルホアヒン

06ロイヤルホアヒン

07ロイヤルホアヒン

08ロイヤルホアヒン

09ロイヤルホアヒン



10ロイヤルホアヒン

11ロイヤルホアヒン

12ロイヤルホアヒン

13ロイヤルホアヒン

14ロイヤルホアヒン

15ロイヤルホアヒン

16ロイヤルホアヒン

17ロイヤルホアヒン

18ロイヤルホアヒン

テンモーパン・スイカシェイク
タイ料理は苦手だが、人気のテンモーパン(スイカシェイク)は美味しく、毎日楽しみ。

ホアヒン駅
クラブハウスからホアヒン駅は目の前。

≫ Read More

| 海外ラウンド日記 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・ホアヒンゴルフツアー6ラウンド

去年2月にタイのチェンマイで4ラウンド、バンコクで5ラウンドの強行軍のラウンドを消化したが、今年は、タイ・ホアヒンゴルフツアー6ラウンドに参加。
去年は、アークツアーのゴルフツアーへの参加だったが、今回は、I氏が個別企画してくれたもので6名でのミニツアー。
しかし、航空券はLCCスクートのビジネスクラスでゆったり、ホテルも朝食付きでシングルユースのゆったり、ホアヒンでの優良コースのラウンドながら格安料金の設定に感謝。

タイ・ホアヒンゴルフ 2019-1/21-28
●2019/01/22(火)  ロイヤルホアヒンゴルフコース 
●2019/01/23(水)  シーパインゴルフコース 
●2019/01/24(木)  パームヒルズゴルフクラブ 
●2019/01/25(金)  ブラックマウンテンゴルフクラブ 
●2019/01/26(土)  バンヤンゴルフクラブ 
●2019/01/27(日)  スプリングフィールドロイヤルカントリークラブ 

ホテル


ホテル室内
キングサイズベットでゆったり

ホテル海側
窓からの海側景色

ホテル山側
ドアの外、山側の景色、明日のコース、ロイヤルホアヒンゴルフコースが見える。

| 海外ラウンド日記 | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市原ゴルフクラブ柿の木台コース-2019Round(06)

市原柿の木台天気
天気は良いが、気温が低く、風も強くなる予報の中、市原ゴルフクラブ柿の木台コースでのラウンドだが、先週の市原コースの時も強風で、なぜか以前もこの市原ゴルフクラブでは強風の記憶ばかり。


01市原柿の木台
1番347yard、寒いのてシャンバーが脱げず、着ぶくれで身体が回らずスタートは右にプッシュアウト(今年スタートホールで3回目)だが斜面を転がってセーフ、2打目今度はひっかけてグリーン手前左のバンカー近く、3打目ざっくり、4打目もミスの10歩が情けなく、2パットのダボスタートと嫌な予感。

02市原柿の木台
2番162yard、30ヤード打ち下ろしの距離感が難しいショートホール、かなりのアゲンスト、かなり左28歩ににワンオンしたが上りを6歩もショートして3パットのボギー。

03市原柿の木台
3番357yard、ドライバーはまずまず、しかし、2打目、3打目ミスし、寄せもミスして5歩から2パットのダボが情けない。

04市原柿の木台
4番488yard、ここでもドライバーはまずまず、2打目3打目とも上手く打ってピンまで11歩にパーオンし、2パットのパーと、一息。

05市原柿の木台
5番374yard、ここでは右が危険だが、なぜか、右ぎりぎりに飛び出したボールが、いつもはフックするの、今回はスライスでびっくり。OB覚悟で行ってみると木に跳ねたようで右斜面ラフでセーフ、2打目無理せず、3打目グリーンオーバーの12歩エッジ近く、グリーン外から上って、グリーンは下っている難しい場面をパターで強すぎて反対側に13歩オーバーし、寄せて1パットのダボが残念。

06市原柿の木台
6番325yard、ここでもドライバーはまずまずで、今日のドライバーは比較的順調、しかし、寒い時期のアイアンショットの距離感に不安があり、ましてや今日の強風と寒さと着ぶくれでかなりショート、アプローチをトップしてグリーオーバーし、寄らず5歩から2パットのダボが情けない。

07市原柿の木台
7番168yard、かなりのアゲンストで上手く打ったがショートして24歩手前のエッジ、パターで上手く寄せて1パットのパー。

08市原柿の木台
8番535yard、今日はなぜか右にスライス気味に出るドライバーで木にあたって右ラフ、2打目まずまず、3オンが狙える距離だが、手前に池がありかなりのアゲンストなので無理せず右方向にレイアップ、しかし、4打目ざっくりが想定外、5オンもできず、寄せも7歩と寄らず、しかも、3パットの+4が想定外の大たたき。

09市原柿の木台
9番339yard、またしてもドライバーが右で、今回も木にあたって戻ってきた、2打目左、3打目上手く2歩に寄せたが2パットのボギーが残念。
前半は、寒さと強風と着ぶくれで50回17パットと大たたきが残念。

10市原柿の木台
10番391yard、前半からの右傾向のドライバーはここでも右ぎりぎりのネット、2打目グリーン方向が狙えず、3打目またしてもシートと、今日のPWの距離感が全くダメ、3歩に寄せても2パットのダボ。

11市原柿の木台
11番461yard、またしてもドライバーが右方向、2打目上手く打っても3打目右にミスしてのバンカー、出ず、5歩から2パットのダボ。

12市原柿の木台
12番181yard、UTも右に飛び出してまさかのOB、打ち直しもショート、2パットのトリプルは想定外。

13市原柿の木台
13番348yard、ここでのドライバーはまずまず、2打目距離が長めだったが超えると思ったボールがわずかに超えられずの池ポチャ、特設ティーから寄らずパットのダボ。

14市原柿の木台
14番504yard、ドライバーは相変わらず右、2打目ミスが情けなく、3打目まずまずでも4打目ショートと、ショートアイアンの距離に不安いっぱい、寄らず4歩から1パットのボギーが精いっぱい。

15市原柿の木台
15番154yard、大きく引っ掛けて左斜面からグリーン近くまで転がったのがラッキー、2歩に寄せて1パットのバーは、儲けもの。

16市原柿の木台
16番335yard、当たりの良くないドライバーだが結果はまずまず、上手く11歩にパーオンして2パットのパー。

17市原柿の木台
17番336yard、前2ホールの復調でここでのドライバーもまずまず、しかし、2打目またしてもショートと、距離感に問題、寄せをだふってミスして12歩が情けなく、さらに3パットのダボは想定外のミス。

18市原柿の木台
18番349yard、前ホールのミスで100たたきの危険性濃厚なこのホール、打ち下ろしで右ドックレックのここでのドライバーは上々、しかし、ひっかけを警戒しての右方向狙いがミスしてのバンカーが想定外、さらにバンカーからのホームランで絶体絶命、むつかしい奥のラフから縁るはずもなく9歩のパットを残し、これを入れなければ100たたき、慎重に1パットのボギーで、危うくセーフ。

後半も、数々のミスを重ねて49回16パットと、かろうじて100たたきを免れたのが精いっぱいなのが悲しい。

今日は、寒い一日だったが、3日後にタイに出発し、6ラウンドを企画しているので、暑いタイ・ホアヒンでのラウンドを楽しみたい。

≫ Read More

| ラウンド日記2019 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT