FC2ブログ

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ゴルフ5オークビレッヂゴルフクラブ-2017Round(32)

約1年半ぷりで、ゴルフ5オークビレッヂゴルフクラブでのラウンド。
デズモンド・ミュアヘット設計のかなりトリッキーなコースで、前回大叩きしており、ショットに集中しようと思ったが、結果としてはアプローチとパットのミスが多く、またしても大叩き。

コース紹介では、
世界的に評価の高いデズモンド・ミュアヘッドの設計。英国のアーサー王伝説をモチーフとする、造形美と戦略性を兼ね備えたコース。全18ホールのうち13ホールまでが池やクリークなど水が絡んでおりスコアリメイクが難しく正確なショットが要求される。また平均1,000平方メートルもある大きなグリーンはアンジュレーションがきつく、ホールアウトするまで息が抜けない。しかしただ慎重なだけでなくホールによっては思い切りのよさも必要。メリハリのある細心かつ大胆なマネジメントがこのタフなコースを攻略するカギ。難易度の高さにも定評はあるがホールロケーションの美しさも一見の価値があるコースである。

オークビレッヂ天気
曇って風が強く、寒いので、ショットの集中が難しい。

01オークビレッヂ
1番349yard、集中できず、いきなり右隣のコース、出すだけ、3打目エッジ近くまで運んだのに、短い寄せを集中しないでバンカーに入れ、トリプルと、波乱のスタート。

02オークビレッヂ
2番333yard、右ドックレックのここでは、ドライバー天ぷらながらフェアウエイ、谷越えなのでレイアップすべきなのに、風の強い中、集中せずに打った2打目がOBと、大問題のショットで+5の大叩きは、情けなさ過ぎる戦略ミス。

03オークビレッヂ
3番529yard、

04オークビレッヂ
4番207yard、

05-1000オークビレッヂ
5番342yard、名物ホールでのドライバーは完璧で、浮島の先端、2打目の池越えはどうしても大きめでグリーン奥の斜面ラフ、上手く2歩に寄せたのに、3パットのダボは想定外で悔しい。

06オークビレッヂ
6番488yard、

07オークビレッヂ
7番272yard、

08オークビレッヂ
8番147yard、

09オークビレッヂ
09-1オークビレッヂ
9番345yard、


10オークビレッヂ
10番380yard、

11オークビレッヂ
11-1オークビレッヂ
11番355yard、

12オークビレッヂ
12番407yard、

13オークビレッヂ
13番452yard、

14オークビレッヂ
14番165yard、

15オークビレッヂ
15番364yard、

16オークビレッヂ
16番454yard、

17オークビレッヂ
17番142yard、

18オークビレッヂ
18番397yard、

≫ Read More

スポンサーサイト



| ラウンド日記2017 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |