FC2ブログ

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

千葉桜の里ゴルフクラブ-2016Round(48)

今日は、9ヶ月ぶりのラウンドになる、千葉桜の里ゴルフクラブでのラウンド。
先日の尾瀬旅行で慣れない長時間徒歩の筋肉痛が取れず、慎重にショットに望んだが、グリーン周りでミスが発生。

千葉桜の里天気
梅雨入りし、雨が心配だったが、曇り予報に対し、曇り時々晴れの良好なコンディション。

01千葉桜の里
1番371yard、力まないように、身体のスウェーを注意したドライバーはまずまず、2打目も力まずナイスショットでピン横4歩、惜しくもバーディー逃しのパーは、上出来。

02千葉桜の里
2番349yard、左への引っかけを警戒して右目を狙ったのに左方向でひやり、バンカー先を右に跳ねたのが見えて一安心で、良く飛んだ、しかし、2打目距離感をミスしてショート、寄らず10歩から2パットのボギーが残念。

03千葉桜の里
3番150yard、池越えのショートホール、前組を待ってのショットがダフリ気味で、池の先のブッシュに入って池ポチャ、特設ティーから1歩に寄せて1パットのボギー。

04千葉桜の里
4番386yard、右を狙ったがフェアウエイ左、2打目右にショートし、寄せをショートして、4打目を旨く寄せて1パットのボギー。

05千葉桜の里
5番481yard、以前に引っかけてOBがあり、右斜面中腹を狙ったが、ドライバーが右方向で斜面天辺付近を跳ねたとのこと、行ってみると、斜面のかなり上の斜面ラフにボールを発見、2打目残り180yard付近のフェアウエイに戻し、3打目ナイスショットでピン手前23歩にパーオン、旨く寄せて2パットのパーは、上出来。

06千葉桜の里
6番482yard、このホール、2打目左のOBが浅く、苦手なホールの判っているのに、今日もまた2打目を無理してOBが情けなく、ショックでバンカーにまで入れてのトリプルが情けない。

07千葉桜の里
7番136yard、池越えのショートホール、今回は大きめのクラブでピン上4歩にワンオンし、慎重に沈めてのバーディーが嬉しい。

08千葉桜の里
8番416yard、引っかけて左の深いラフ、2打目ざっくり、3打目トップして4打目ショートと、ミスを連発し、2歩に寄せても2パットのトリプルは情けない。

09千葉桜の里
9番414yard、ドライバーは完璧なのに、2打目右斜面下に打ってしまい、3打目バンカー、4オン2パットのダボが残念。

前半は、後半の6.8.9番でのミスが残念な、46回14パット。
進行は想定内の2時間半で、常に待たされる、ストレスのいっぱいな進行。

10千葉桜の里
10番385yard、右ドックレックの長めなミドルホール、ドライバーは完璧、2打目ショートしたが手前のピンに対して15歩、しかし、寄せをざっくりが情けなく、4オン1パットのボギーが、情けない。

11千葉桜の里
11番505yard、左ドックレックのロングホールでドライバーはやや左、2打目まずまず、3打目ショートし17歩のエッジ近く、2歩に寄せて1パットのパー。

12千葉桜の里
12番364ard、引っかけて左ラフ、木の枝が邪魔でスウィングが出来ずフェアウエイに戻すのが精一杯、真ん中の木があり、右方向にレイアップし、寄らず5歩から2パットのダボ。

13千葉桜の里
13番364yard、左ドックレックで池があり、無理せず正面狙いなのに引っかけ気味で左斜面下、旨くフェアウエイに戻し、3打目ショートして29歩のエッジ近く、旨く2歩に寄せても、2パットのダボが残念。

14千葉桜の里
14番149yard、上りのショートホール、引っかけて左のカート道路を2度跳ねてOBを覚悟したが、運良くカート道路を転がり戻ってグリーン左手前のラフ、2歩に寄せて1パットのパーが憑いている。

15千葉桜の里
15番494yard、打ち下ろし谷越えで左にドックレックしており、無理せずに正面先の左ラフ、2打目旨く出し、3打目無理せず、6歩に4オンしての2パットボギーは、まずまず。

16千葉桜の里
16番396yard、ドライバーはまずまず、しかし、2打目ショートし、寄せをミスし、2歩からも2パットのボギーは残念。

17千葉桜の里
17番172yard、打ち下ろし池越えで距離の長めなショートホール、ピン左奥17歩にワンオンし、2パットのパー。

18千葉桜の里
18番349yard、最終ホールパーなら80台、右正面の木より右でもフェアウエイと勘違いして行ってみると斜面中腹のラフ、慎重にグリーまで80ヤードの右に運び、手前のピンに対し、グリーン真ん中を狙うべきなのに無理したのが誤算のショート、最後の望みでのチップイン狙いをざっくりし、2歩に寄せての2パットのトリプルで、万事休す。

結局、後半も、待ちのゴルフで集中できずに46回15パットと、悔しい結果。

≫ Read More

| ラウンド日記2016 | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めての尾瀬

前日、上毛高原駅から宿泊先のペンションまで約1時間、到着後、近くの温泉に送ってもらいゆっくりしたが、今日は5時起き。

5時半朝食で、6時半出発し、約40分で、尾瀬入り口の鳩待峠。

今回、初めての尾瀬なので、ツアー参加で、15名をガイドさん組8名、ペンションオーナー組7名の前後2組で7時30分に出発。
尾瀬出発1
鳩待峠から尾瀬ヶ原に向け出発し、尾瀬ヶ原入り口の山ノ鼻まで3.3キロの下り、最初は石の歩道
尾瀬出発2
途中からは木道の下り

歩道は狭く、右側通行で、後方からの急ぐ人に何度も抜かれながら、途中、ガイドさんによる色々な花々の説明を受けながら約1時間かけて歩く。

3山ノ鼻
約1時間かけて尾瀬ヶ原入り口の山の鼻に到着、トイレ休憩

4尾瀬ヶ原出発
いよいよ、尾瀬ヶ原に入り、最初のポイント牛首まで2.2キロをガイドさんの説明を受けながら約40分でゆっくりと歩く。

5牛首
最初の分岐、牛首

無惨な水バショウ
今回の目的は、ベストシーズンの水芭蕉なのだが、残念ながら、今年は霜により被害が大きく、無惨な姿。

水バショウ群生
水芭蕉の群生地も、見る影もない悲惨な状況が残念。

6龍宮小屋
牛首から2.2キロで龍宮小屋、ここで昼食予定が、旅行者がいっぱいでもう少し先の福島県に入って昼食をとることに。
予定時間より少し早い11時前に昼食休憩

7ヨッピ吊り橋へ
後半は、竜宮の分岐からヨッピ吊り橋まで1.5キロ約25分。

ここから、牛首の分岐まで2.3キロ約50分で、牛首にて小休止の後、尾瀬ヶ原入り口の山ノ鼻まで2.2キロ、前方が混み始め、約40分。

尾瀬ヶ原完走し、20分ほど休憩後、上りの鳩待峠に向けて出発。

巨大水バショウ
鳩待峠と尾瀬ヶ原入り口までの間には、木があり、霜による被害を受けなかった水芭蕉が、花を終えて、巨大に育っており、ほんの少し、綺麗な花が残っている。

帰路は、上り坂のため、多少の渋滞があるが、約1時間で3.3キロを完走。

尾瀬完走
到着が3時頃で、6時間近く歩いたことになるが、万歩計は約38,000歩、天気が良く、脱落せずに良かったと思っている。

参加者は、長崎からのご夫婦、大阪からの2組、滋賀県等々、遠方よりの参加者が多く、昨日の温泉で休憩後、延泊組と帰宅組に分かれ、私たちは、駅まで送ってもらい、帰路に就いた。

| 旅行 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天神平

夫婦での初めて尾瀬旅行に行って来た。

宿泊のペンション迎えが上毛高原駅に午後なので、谷川岳ロープウエイで、天神平に寄ることに。

マックス
Maxたにがわにて上毛高原駅へ

谷川岳ロープウエイ
谷川岳ロープウエイにて天神平

リフトに乗って、展望台へ
谷川岳1

谷川岳

天神平スキー場

| 旅行 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

習志野カントリークラブ・クイーンコース-2016Round(47)

今日は、習志野カントリークラブ・クイーンコースでの午後スルーだが、2時6分スタートで、前半は予想より遅い3時間で終了が5時と渋滞、後半は1時間50分だが、集中できず、結果は不満いっぱい。

習志野天気
晴れて、暑く、集中できず。

10習志野クイーン
10番345yard、右ドックレックで、ショートカットが狙えない為、FWでまずまず、しかし、2打目トップし、3歩に3オンして1パットのパーは、上出来のスタート。

11習志野クイーン
11番310yard、ここも距離が短いので、無理せずにFWでトップ気味のショットは右バンカー、2打目旨く打って4歩にパーオンし、2パットのパーは、これまた、上出来。

12習志野クイーン
12番545yard、池越え右ドックレックのロングホール、ドライバーでのショートカットでは危険なため、無理せずFWで正面池越え狙い、2打目、3打目ミスしてバンカーに入れ、ホームランしての5オン2パットのダボが残念。

13習志野クイーン
13番336yard、初めてのドライバーを、引っかけて左ラフ、3オン2パットのボギー。

14習志野クイーン
14番348yard、ここでも引っかけ、2打目旨く打って17歩のエッジ近くから2歩に寄せたのに3パットのダボが残念。

15習志野クイーン
15番160yard、グリーンオーバーの14歩エッジ近くから1歩に寄せたのに2パットのボギーは、大問題。

16習志野クイーン
16番514yard、ドライバーは旨く打ったのに、2打目無理して池越え狙いが問題で池ポチャ、バンカーにまで入れて、さらに3パットのトリプルは大問題。

17習志野クイーン
17番151yard、池越えのショートホール、大きめ狙いでグリーン奥23歩にワンオンし、2パットのパー。
この段階で、太陽がかなり傾いてきており、常に待たされるゴルフにストレスいっぱい。

18習志野クイーン
18番339yard、ドライバーはまずまず、しかし、2打目上りの距離感をミスしたのか、ショートしてのバンカーが残念なボギー。

結局、前半は、ほとんど待ちのゴルフで約3時間、それでも46回18パットと、スコアは、まずまず。

5時からの後半スタートは、落ち着かずにミスを多発したのが残念。
01習志野クイーン
1番369yard、ドライバーはまずまず、しかし、2打目打ち急いでシャンクして林の中が大問題、出ず、

02習志野クイーン
2番341yard、右のバンカーを越えると思ってのショットが問題でバンカー、出すだけ、ボギー。

03習志野クイーン
3番479yard、引っかけ気味でラフ、2打目旨く打っても3打目ミスしてダボ。

4番172yard、グリーンオーバーし、寄らず2パットのボギー。

05習志野クイーン
5番313yard、距離が短いのにトップしてチョロ、3オン2パットのボギー。

06習志野クイーン
6番314yard、ここも距離が短いが、今度はまずまず、パーオンして2パットのパー。

07習志野クイーン
7番150yard、ショートホール、疲れが出てきたのかスウェーしてチョロが情けなく、2打目も引っかけ、何とダブルスコアのトリプルは情けない。

08習志野クイーン
8番357yard、またまた引っかけ、2打目旨く打っても2歩からの2パットボギーは情けない。

09習志野クイーン
90番486yard、ここでも引っかけて左ドックレックの角のバンカーに入れてしまい、出すだけ、引っかけ、ショートと、ミスを連発してのダボが情けない。

結局、終了が6時50分と薄暗くなり始め、落ち着かない後半は、散々なスコアの51回17パットが残念。

≫ Read More

| ラウンド日記2016 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |