FC2ブログ

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

房総カントリークラブ房総ゴルフ場で2018年日本プロゴルフ選手権開催が決定

房総カントリークラブ房総ゴルフ場で2018年日本プロゴルフ選手権大会開催が決定

☆2018 日本プロゴルフ選手権大会開催決定
日本最古の歴史と伝統を誇るこの大会は、日本プロゴルフ界の頂点を極めるビッグトーナメントとして今日まで数々のドラマが繰り広げられてきました。国内男子ゴルフ4大メジャー大会のひとつとされ、選ばれた選手が毎年異なる難コースに挑みます。サーキット方式で開催地が変わる同大会の2018年度の舞台として、房総カントリークラブが選ばれました。

東・西コースともにJGTO(日本ゴルフツアー機構)の基準をクリアした『TOUR CHAMPIONS CLUB』に名を連ねており、上級者からビギナーまで幅広いゴルファーにご満足いただける36ホールズのゴルフコースです。
スポンサーサイト

| NEWS | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オークビレッヂゴルフクラブが名称変更

オークビレッヂゴルフクラブがアルペングループ入りし、8月31日より、名称を、「ゴルフ5カントリー オークビレッヂ」に変更。


この度、平成27年8月31日を持ちまして、当ゴルフ場の経営母体が株式会社アルペンとなりました。
この機にゴルフ場名を「ゴルフ5カントリー オークビレッヂ」に変更させて頂きます。

| NEWS | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レッスンサイトリンク集

番手別 ラウンド前日に完全予防しよう!定番ミスによく効く一夜漬け練習法

中井学のフラれるゴルフ

状況別アプローチ15LESSON 

GDOレッスン動画

安藤秀・コンバインドブレーン

| 日記 | 10:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レイクウッド総成カントリークラブ-2015Round(63)

台風の余波が心配な中、初めてのコース、レイクウッド総成カントリークラブでのラウンド。
千葉県のゴルフフェスタ利用でのラウンドで、先週に続いてキャディ付きでのラウンドだが、セルフで慣れていると、グリーンの読みはありがたいが、それでも巧くゆかない。

レイクウッド総成天気
最近涼しい日が続き、今日も又、この時期としては涼しい方でありがたい。

このコース、西、東、南の27ホールだが、今回は、西コースと東コース。
最近のゴルフ場では珍しく、フロントの受付開始が7時15分からで、7時58分スタートなのに、待たされ、トップスタートで、当然、前には誰もいなく、スムーズすぎる進行。

西01-1000
西1番356yard、最近の引っかけ多発をレッスンで修正したはずなのに、スタートのドライバーは、何とチョロで2-30ヤード。
2打目UTは引っかけて、左の木立のすぐ後ろで、アンプレアブル、4打目届かず、5打目トップしてグリーンオーバー、6歩と寄らず2パットのダブルスコアは、何とも悲しい。

西02
西2番365yard、慎重に打ったはずのドライバーが、何と、1番と全く同じチョロ、慎重になりすぎて、身体がスウェーしているようだ。
2打目右、3打目も右、2歩に寄せて1パットのボギー。

西03
西3番383yard、トップ気味ではあるが、とりあえずフェアウエイキープでほっとしたが、2打目も久々に巧く17歩にパーオンして2パットのパーは、嬉しい。

西04
西4番497yard、左ドックレックでグリーンの手前に池のある、本来HDCP1のこのホール、ティーグランドが工事中との事で50ヤードほど前からのサービスホールとなっており、しかも、グリーンが池のある方ではなく、難易度は易しくなっている。
ドライバーは、未来より随分と右だが飛距離は充分、グリーンまで220yard程度で、2オン狙いだが、引っかけると池があり、かなり右に打ってしまったが、運良く斜面を転がりグリーン手前までいる。
アプローチを巧く50センチに寄せて、サービスロングホールながら、嬉しいバーディー。

西05
西5番160yard、わずかに届かずピンまで11歩のエッジから前ホール同様の50センチに寄せて1パットのパー。

西06
西6番464yard、ここで初めてドライバーがナイスショットし、久しぶりのナイスショットで、またもや2オンを狙ったが、力んでチョロ、パーオンしたがグリーン右の20歩と距離が長く、2歩に寄せても3パットのボギーが、残念。

西07
西7番362yard、少しドライバーが戻ったと思ったら、ここで、またしてもチョロ、2打目巧く運んだが、3打目トップしてグリーンオーバーし、3歩に寄せても2パットのダボ。

西08
西8番129yard、6歩にワンオンして、バーディー逃しのパー。

西09
西9番296yard、距離が短く右ドックレックなのでFWで、キャデイさんの言う左バンカー近くに巧く運び、8歩にパーオンして2パットのパー。

スムーズすぎる進行が嬉しく、前半終了が9時45分と、2時間かかっていない。
キャデイさんが驚く、せっかちな進行だったが、もう少し、慎重だった方が良かったかも知れない。

ドライバーで3度のチョロが恥ずかしく、スタートのダブルスコアがあるが、結果としては、43回16パットと、スコアは、まずまず。


東01-1000
東コース1番358yard、前半のドライバーのミスが、身体のスウェーと思われ、慎重なスウィングをしたがトップ気味で、結果はフェアウエイ、2打目巧く12歩にパーオンして2パットのパー。

東02
東2番396yard、引っかけて林の中、散々さがして、林の先に見つけたが、2打目木が邪魔で打てず、3オンしたが18歩から2パットのボギー。

東02
東3番544yard、ドライバーは久々に完璧、2打目右に打ってしまったが9歩にパーオンして2パットのパー。

東04
東4番172yard、引っかけて左バンカーの近くから2歩に寄せたのに、外してのボギーは、残念。

東05
東5番485yard、引っかけ、2打目巧く打っても、トップ、トップ5歩に5オンして2パットのダボ。

東06
東6番385yard、左ドックレックだが、キャディさんが正面のバンカー左狙いが最善とのことで、狙いどおり、2打目完璧なアイアンショットでピン手前50センチから1パットのバーディーは、上出来。

東07
東7番170yard、引っかけてワンオンはしたが18歩の距離、2歩に寄せて、パー狙いを1歩オーバー、さらに、返しも外す4パットのダボは、全くの想定外。

ここまで、楽勝で80台を想定していたのに、ここでの4パットが大問題。


東08
東8番377yard、グリーン手前までウエストバンカーで、グリーン左手前に池があり、右狙いではあったが、右過ぎて斜面上の木立の中、グリーン方向が狙えずフェアウエイ方向に出すだけ、3オン出来ず、寄せも乗らずに5歩のエッジ、1歩に寄せたのに、またもショートパットを外してトリプルとは、これまた想定外。

東09
東9番398yard、80台に赤信号が点滅したが、ドライバーは、フェアウエイキープ、2打目トップしてシヨート、3オンしたが20歩の距離、上りのパットを強すぎてグリーンオーバーの6歩、何とか寄せてダボと、かろうじて89回の80台確保。

後半は、ショートパットミス3回があり、46回20パットとふがいないが、久しぶりの80台で、結果はまずまず。

≫ Read More

| ラウンド日記2015 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カメリアヒルズカントリークラブ-2015Round(62)

今日は、初めてのラウンドになるカメリアヒルズカントリークラブでのラウンド。
ここは、キャディ付きで歩きでのラウンドが原則だが、サークル仲間が、市民感謝特別プランの予約を取ってくれ、限定30台の乗用カートが予約出来たので、ラウンド出来ることに。
それでも、特別プラン料金15,600円+カート2,700円は、結構な料金で、せっかくの素晴らしいコースなので、楽しみたいと思ったが、結果は、最近の引っかけ多発が治っておらずに、不満一杯。
カメリアヒルズ天気450
曇り予報でも風があると思っていたが、ほとんど無風で蒸し暑く、後半、晴れ間も出て、益々暑くなってきた。

house.jpg
house1.jpg
バブリーなクラブハウスだが、今年6月にアース・モンダミンカップが行われたコースで、コースコンディションは素晴らしい。

01camellia.jpg
1番537yard、最近の引っかけ傾向がどうしても修正出来ず、今日も又、ほとんど引っかけ、5オン2パットのダボ。

02camellia.jpg
2番309yard、距離が短く、グリーン手前右方向に池があるので、FWでのティーショットも引っかけてカート道路の左、乗らずピンまで24歩のカラーから、パターで寄せて1パットのパー。

03camellia.jpg
3番400yard、左、右、エッジから寄らず2パットのボギー。

04camellia.jpg
4番133yard、5歩にワンオンしても1歩オーバーして2パットのパー。

05camellia.jpg
5番310yard、短いホールなのに、何とチョロ、2打目巧く打っても、3打目バンカーでダボは、情けない。

06camellia.jpg
6番436yard、長いミドルホールで、初めてナイスショットしたが、2打目引っかけ、アプローチをミスして4歩と寄らずに2パットのダボ

07camellia.jpg
7番289yard、距離が短くても引っかけ、乗らず18歩のエッジから1歩に寄せたのに、2パットのボギーは、情けない。


08camellia.jpg
8番500yard、引っかけばかりなので、右狙いが、今度は真っすぐ右の林の中、出すだけ、シャンクまで出て、5オン2パットのダボと、どうしても巧くゆかない。

09camellia.jpg
9番163yard、池越えで、当たりが悪くかろうじて池を越えてピンまで18歩のエッジ、寄せて1パットのパー。

前半、ドライバーの引っかけばかりで、46回17パットと、冴えない結果。


緋鯉
クラブハウス前の池には、緋鯉が元気に泳いでおり、ゴルフ場では、滅多に見かけない。


後半、ドライバーさえ修正出来れば、何とか80台を狙えると思ったのだが、どうしても修正が出来ずにストレス一杯。
当たりは悪くなく、フォロースルーが取れないのが判っているのに、巧くゆかない。

10camellia.jpg
10番399yard、引っかけ、引っかけて大きくグリーンオーバー、奇跡的に寄せて1パットのバーと、結果だけは無難なスタートだが。

11camellia.jpg
11番413yard、引っかけ、引っかけ、オーバー、寄らず2パットのダボ。

12camellia.jpg
12番360yard、左、乗らず16歩のエッジ、寄せて1パットのパー。

13camellia.jpg
13番167yard、ショートし、寄らず2パットのボギー。

14camellia.jpg
14番524yard、左、出すだけ、右、左、寄らず2パットのトリプルと、右往左往が情けない。

15camellia.jpg
15番156yard、ワンオンはしたが19歩と距離が長く、2歩に寄せても3パットのボギー。

16camellia.jpg
16番357yard、頭を叩いてレディースティーまで届かないチョロ、バンカーにまで入れてダボ。

17camellia.jpg
17番325yard、距離が短く、ドライバーに見切りをつけてFWでまずまず、パーオンしたが21歩と距離が長く、2歩に寄せても3パットのボギー。

18camellia.jpg
18番504yard、最終ホールでも引っかけて左のラフ、5オン1パットのボギー。

結局、後半もドライバーの満足な当たりが無く、47回17パットと、不満一杯。

素晴らしいコースだが、ドライバーを曲げると、ラフが深く、2打目以降苦戦して巧くゆかず、残念な結果に。

≫ Read More

| ラウンド日記2015 | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土砂降りの房総CC房総ゴルフ場西コース-2015Round(61)

房総天気
ゴルフ練習場のレッスン仲間と、ホームコースの房総カントリークラブ房総ゴルフ場西コースでのラウンドだが、天気予報が怪しい。
前日の予報で、降水確率70%だが、予報サイトによっては曇り予報もあり、実施を決断。

房総天気3
しかし、今朝の予報ではかなり、危なく、本来なら中止とするところだが、電話打ち合わせで、とりあえず行ってみることに。

家を出て、ゴルフ場に着くまでは、小雨が降ったり止んだりでこの状態では、ラウンドに支障はない。

しかし、用意をしてスタートをする段階で、本格的な雨になってきた。

写真は晴れた時のもの
01房総西
1番348yard、
念のため、雨具のズボンだけを履き、傘を手放せない状態でスタート。

05房総西
5番438yard、
しかし、進むにつれて雨が強くなり、ここ、5番の打ち下ろしの段階で土砂降り、フェアウエイの斜面全体が川のようになっていて、とてもゴルフは不可能。

ゴルフにならないので、中止を決断してクラブハウスに引き上げ。

とりあえず5番で中断し、食事をして、続けるかどうかは、後で判断する旨を伝えたが、身体はずぶ濡れ。

雨具のズボンは履いていたが、上からの雨が入って、雨具の中のズボンから下着まで、完全にずぶ濡れ。

念のため、着替えを用意していたが、一部は我慢して雨を絞って我慢。

食事休憩中、雨が止んで、太陽まで出てきたので、しばらくしてラウンド続行を決断。

交渉して、5番ホールのティーグランドまで案内して貰い、中断したホールからラウンドを続行したが、晴れると蒸し暑く、辛い。


続行後は、終了まで降られず、何とか全ホールを消化出来たのが何よりだが、これほどの雨の中でのラウンドはゴルフ人生で2度だけ。

かって、北海道でのラウンドで、雨具を着てもラウンド不可になって、中止したことがあるが、最近は、雨の場合には原則としてラウンドを中止するので、今回も、実施そのものが無茶。

結果は、雨の中での4ホールが7オーバーで、アウト48回17パット、イン44回16パットと、なぜか、スコアは、普通。

帰路、しばらくは降らなかったが、途中、東金道路を走行中は、またしても土砂降り。

≫ Read More

| ホームコースラウンド日記 | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

亀山湖カントリークラブ-2015Round(60)

約1年ぶりで、亀山湖カントリークラブでのラウンドだが、御宿での雑草処理での肩痛・首痛があり、ショットが完全に変。
御宿からは、清澄養老ラインを経由して約1時間で行けるが、往路小雨、しかし、同伴者の往路は、かなり大雨があったようだ。
亀山湖天気
前日の予報では昼頃小雨なので、実施を決断
亀山湖天気3
今朝の予報で、午前中小雨の予報となったが、実際のラウンド時間帯は、傘をさすほどの雨にはならず、小雨が降ったり、止んだり、しかし、後半晴れて、蒸し暑く、流れる汗が止まらない。


昨日までの御宿での雑草処理の影響か、身体が回らず、ほとんど手打ちによる引っかけ。
スタートから3ホールで、引っかけによるOB5発、ショットにならず14オーバーで、修正が出来ず。
打ち方を変えたりして、何とか修正をしたくても、身体が回せないと、まともなショットが出来ずに、結果は100オーバー。
今後の参考にならないので、結果のみの記載に止める。

01亀山湖
1番387yard、バンカーにも入れて4オン3パットのトリプル。

02亀山湖
2番583yard、連続OBで、9オン2パットの+6

03亀山湖
3番162yard、またしても2発OBで6オン2パットの+5

04亀山湖
4番407yard、どうしても引っかけが止まらずOB、打ち直して、4オン2パットのダボ。

05亀山湖
5番343yard、引っかけたが3オン1パットの初パー。

06亀山湖
6番476yard、引っかけが止まらず、5オン2パットのボギー。

07亀山湖
7番331yard、相変わらず引っかけが止まらず、3オン2パットのボギー。

08亀山湖
8番120yard、2歩にワンオンして、バーディー逃しのパー。

09亀山湖
9番416yard、慎重に素振りをして、初のフェアウエイキープ、しかし、2打目バンカーに入れ、4オン1パットのボギー。

前半は、ほとんど引っかけで、OB5発の55回17パットの大叩き。



10亀山湖
10番336yard、慎重に素振りをして、ナイスショット、パーオンして2パットの、本日初めて、ショットがまともに。

11亀山湖
11番495yard、またしても引っかけ、林の中の木の根の間でアンプレアブル、回り全体が木の根だらけで、フェアウエイに出すのが精一杯で、6オン2パットのトリプル。

前ホールで、回復と思ったが、やっぱり首が回らない。

12亀山湖
12番146yard、相変わらず引っかけが止まらず、カート道路を転がって、次のホールのティーグランド近く、木に当て、4オン2パットのトリプル。

13亀山湖
13番368yard、どうしても、引っかけは解消出来ず、3オン2パットのボギー。

14亀山湖
14番492yard、右の木の上から久々にフェアウエイにナイスショット、しかし、2オン狙いが右に飛び出して隣りティーグランド横でワンペナ、4オン2パットのボギー。

15亀山湖
15番396yard、めずらしく2ホール連続でナイスショット、しかし、ここでも引っかけを想定してのグリーンの右狙いが、真っ直ぐで、3オン2パットのボギー。

16亀山湖
16番324yard、打ち下ろしで距離の短いミドルホール、前2ホールで巧くいったドライバーをまたしても引っかけて隣りホールのフェアウエイまで曲げてしまい、3オン2パットのボギー。

17亀山湖
17番179yard、パーオンしたが19歩と長く、3パットのボギー。

18亀山湖
18番365yard、最終ホール、ドライバーは完璧、パーオンして2パットのパー。

後半も、身体が巧く回らず、引っかけが何回か出て、47回19パットがやっと。

終了後、風呂に入ったが、肩と首がパンパンに張っていて、首が回せなくなっており、これではまともにショットが出来なかったのが納得。

芝刈りは、少なくとも毎月やらなくてはと、改めて認識。

≫ Read More

| ラウンド日記2015 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2ヶ月ぶりの芝刈りは失敗

丁度2ヶ月前に、芝刈りで苦労したのに、性懲りもなく2ヶ月間の手抜きが大問題。
正面芝刈り前
手に負えない雑草だが、中心部は、多少増し

右芝刈り前
右端から侵略する雑草群は約1/3真ん中に向かっている。

左芝刈り前
進入路の左側は、ほぼ全面侵略。

左後方芝刈り前
左奥は、最悪の状態で、芝生はほぼ全滅。



雑草が長く伸びすぎ、芝刈り機に絡んでしまい、仕方なく、引き抜くことにしたが、この所為で、肩と首に筋肉痛が発生し、翌日のゴルフが、とんでもないことになろうとは、思ってもいなかった。



正面芝刈後
ゴミ袋5袋の内、半分は、手作業での雑草処理

左芝刈後
進入路左側も、芝刈り機をかけてしまうと、見た目はごまかせるが、どうしたものか。

芝刈り後全体
2日間、約5時間かけて、雑草との格闘となったが、やはり、2ヶ月放っておいたのが大問題で、少なくともこの時期は1ヶ月毎の処理が必須。

間隔が少なければ、芝刈り機をかけるだけで済むので、時間もかからず、日帰りでも良いので、毎月来るようにしないといけない。

| 御宿・野菜作り | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT