FC2ブログ

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

藤ヶ谷カントリークラブ-2014Round(56)

今日は、ゴルフフェスタ利用で、名門の藤ヶ谷カントリークラブでキャデイー付のラウンド。
京成電鉄を筆頭とする株主会員制のゴルフ場で、メンバーの同伴ないし紹介でないとラウンド出来ないので、夏場のゴルフフェスタ利用だが、今年から乗用カートが入り、歩きでのラウンドを敬遠する私にも、ラウンドのチャンスが来ての待望のコースである。
2グリーンでグリーンの大きさは小さく、グリーン周りにバンカーが効いており、今日は高麗グリーンで遅めだが、結果的には3パット1回とパットの結果はまずまず。
この時期、芝の勢いが強く、ラフからのショットが難しく、今日もミス多発。

01fujigaya.jpg
1番500yard、左のバンカーが220から230yardなので、右方向を狙ったがバンカー方向一直線、当たりが悪く、幸いバンカー手前のラフ。
2打目UT5で軽く振ったのがナイスショット、3打目ショートし、寄せも5歩と寄らず、2パットのボギー。

02fujigaya.jpg
2番175yard、長めでグリーン手前の左右にバンカーがあり、難しいが、前に2組詰まっており、スタート早々進行が前途多難。
散々待たされ、後ろに2組来ている状態での5Iは、右に打ち出してしまい、右のバンカーのさらに右のラフ。
バンカー越えを巧く打ったがグリーオーバーしてのエッジ、パターで20センチに寄せて1パットのボギー。

03fujigaya.jpg
3番487yard、右から迫り出している木が邪魔で打ちづらいが、ドライバーはまずまず、巧く7歩にパーオンして2パットのパー。

04fujigaya.jpg
4番396yard、ドライバーは右方向に一直線で林を超えて右コースのラフ。
林の木が高く幅もかなりあるので、比較的低い場所を狙ってPWでフェアウエイに戻すのが精一杯で、巧く戻すことが出来た。
7歩に3オンし、2パットのボギーと、隣のコースに打ち込んだ割にはまずまず。

05fujigaya.jpg
5番428yard、距離の長いミドルホールでは、引っかけて左のラフから、3オンも出来ず、寄せで20センチに寄せての1パットボギー。

06fujigaya.jpg
6番151yard、手前にバンカーがあり、迷ったが7Iで8歩にワンオンして2パットのパー。

07fujigaya.jpg
7番373yard、ドライバーはナイスショットしたが、2打目以降ミスが続き、2歩に4オンしても、外して2パットのダボは情けない。

08fujigaya.jpg
8番337yard、またもや引っかけて隣のコース。
林越えが狙えず、木の間を狙って横に戻すだけ、幸い距離が短く、残り90yard程度だが、フェアウエイセンターに大木があり、高いボールを打たねばならず、転がすかどうか迷う。
巧くボールを上げられ、ピン横30センチの奇跡的なナイスショットで、嬉しいパー。

09-1fujigaya.jpg
9番367yard、左に池が見え、引っかけを警戒してのドライバーは問題なく、パーオン出来なかったが1歩の距離に寄せ、楽々パーの予定が、ショートしてのボギーは、悲しい。
09-2fujigaya.jpg

前半は、ドライバーを曲げることが多かったが、巧くリカバリーして、43回15パットと、まずまず。
この時期、ラフにボールが埋まってしまうと、グリーン周りでも距離感が難しい。

前半、スタート早々に渋滞し、3時間を覚悟したが、結果としては2時間30分での進行。

昭和36年開場のコースであるが、8年前にクラブハウス建て替えとのことで、クラブハウス、コース管理共に申し分ない。

約50分の昼食休憩の後、インコースだが、昼食後、しばらくはショットが安定しないのは、毎度の問題。
10fujigaya.jpg
10番472yard、距離の短いロングホールだが、ドライバーを引っかけ、隣のコース。
横に戻すだけで、4オンも出来ずに2歩に寄せて1パットのボギー。

11fujigaya.jpg
11番409yard、距離の長いミドルホール、ナイスショットしたが、わずかにラフに入っており、ボールが沈んで巧く打てず。
結局、7歩に4オンしての2パットダボは情けない。

12fujigaya.jpg
12番488yard、距離の短いロングホールで、ドライバーはナイスショットしたのに、パーオン出来ず、寄せも4歩から2パットのボギー。

13fujigaya.jpg
13番170yard、若干の上りで、風はアゲンスト、グリーン手前の左右にバンカーがあり、難しいショートホールだが、5Iでのショットが完璧で、ピン手前8歩にナイスオンし、2パットのパー。

14fujigaya.jpg
14番370yard、引っかけ気味で左ラフから4オン2パットのダボは問題。

15fujigaya.jpg
15番159yard、左グリーンの手前にバンカーがあり、ピンがバンカー越えになるので、安全に右から狙ったが、サブグリーンとの間のバンカーを越えて、グリーン右ラフ。2歩に巧く寄せて、慎重に沈めてパー。

16fujigaya.jpg
16番282yard、距離が短く、フェアウエイ220yardの地点にバンカーが横切っており、FW使用でナイスショットしてバンカーの手前。アプローチがショートし、寄せも9歩とミスして2パットのボギーは残念。

17fujigaya.jpg
17番367yard、ドライバーショットは完璧で飛距離も十分。
4歩にパーオンし、ワンパットのバーディーは嬉しい。

18fujigaya.jpg
18番360yard、無理しなければ80台確実なのに、ドライバーショットを220yard先のバンカーに入れてからが問題。
残り140yard程度で、あごもさほど高くないので、8I使用が問題。
出すことに専念すべきなのに、強く振りすぎてシャンク気味で右のラフでグリーン方向には木の枝があってショートアイアンが使えない。
7Iで打ち込んだが、引っかけてサブグリーンの奥、9歩に4オンしたが、集中力が無く、下りのパットを強く打ちすぎて2歩オーバーし、返しを外して初の3パット、初のトリプルは悔しい。

結局、後半はラフからのショットのミスが多く、45回16パットで冴えないが、計88回と80台は確保。

今日は、今年56回目のラウンドで、アベレージ95.57回、パット34.79回である。

≫ Read More

| ラウンド日記2014 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

習志野カントリークラブ空港コース-2014Round(55)

暑さが厳しい中、今日は、習志野カントリークラブ空港コースでのラウンド。
評価は低く、期待出来ないと思い、なかなか行かなかったが、千葉県内のゴルフ場を制覇するには一度は行かねばと、料金の安いこの時期に挑戦。
昼食付き5千円以下のコースは、滅多になく、渋滞と、管理の不備を覚悟していったが、思っていたよりも、コースの状態は良い。
真夏の暑い中、後半の渋滞ラウンドは辛かったが、狭すぎず、アップダウンもあり、池もありの変化に富んだ面白いコースで、コース事態は嫌いではない。

このコース、アコーディアゴルフのが新たに展開する、「EVERGOLF(エバー・ゴルフ)」の第1号コースとのことである。
昼食が格安、風呂無しシャワーのみ、ほとんどセルフサービスも、格安料金では問題なし。

習志野CC空港C天気
風が強い予報なのに、さほど強くない弱風が日陰では心地よいが、気温が高く、暑い。


10習志野・空港
10番350yard、右手前の池の上からのドライバーショットはナイスショット、しかし、パーオン出来ず、寄せも8歩で2パットのボギースタート。

11習志野・空港
11番579yard、ショットは問題なく9歩にパーオンしたが、下りのパットをノーカンで倍の8歩オーバーし、今度は上りを2歩オーバー、またまた入らず4パットのダボは、悲しすぎる。

12習志野・空港
12番168yard、狙いより左で15歩にワンオンし、1歩に寄せて2パットのパー。

13習志野・空港
13番380yard、FWでティーショットし、パーオン逃すも1歩に寄せて1パットのパー。

14習志野・空港
14番370yard、ここでもFWでティーショットし、パーオン2パットのパー。

15習志野・空港
15番547yard、ドライバーだが天ぷら気味で距離が出ず、2打目無理出来ず、3打目も木が邪魔でフックがかかりすぎてもグリーン近くで、4に寄せて2パットのボギー。

16習志野・空港
16番384yard、池越えだが、ティーショットは問題なく、パーオン逃し、4歩に寄せてもまたしても2パットのボギー。

17習志野・空港
17番357yard、左ドックレックで、ショートカット狙いたいところだが無理せず正面狙いでFW使用するも飛びすぎて右奥のラフ。ラフからでも巧く6歩にパーオンし、2パットのパー。

18習志野・空港
18番132yard、池越えのショートホールで、慎重に打った9Iでのショットが弱く、かろうじて18歩の手前にワンオンし、1歩に寄せての2パットのパー。

前半は、11番のパーオン4パットが残念な、41回19パットの上出来な結果。
進行も比較的スムーズで、7時39分スタートで上がったのが9時55分と、2時間15分程度。

昼食のメニューが千円以下のメニューがほとんどで、今回昼食付きで4,380円、ロッカー代も108円とリーズナブル。
1時間15分と比較的長めの休憩だが、喫茶店のような気楽な雰囲気。

後半のスタートは大問題。
行ってみると、前々組が進行が遅いようで、前組から、遅くなりそうですよとのこと。
前組がティーショットを終了し、2打目から打てずにいるので、前々組はグリーンでも手こずっているようで、前途多難。
01習志野・空港
1番357yard、暑い中、さんざん待たされ、ティーショットは右を狙ったのに引っかけ気味でOB。
特設ティーから乗らず、寄らず8歩から2パットのトリブルと、スタートから残念。

02習志野・空港
2番152yard、乗らず、寄せも失敗し、2歩に寄せて1パットのボギー。

03習志野・空港
3番516yard、左ドックレックのロングホール、FWでティーショットは問題ないが、2打目狙いが判らずレイアップしか出来ず、3打目ショートし、4歩に乗せて2パットのボギー。

04習志野・空港
4番393yard、引っかけて左の斜面の木の根元の枯れ枝の上。
枝が動かせず、クラブも振れずに打っても3メートルほど深いラフに動いただけ。
無理に打ってもグリーンに届かず、1歩に寄せて1パットのボギーがやっと。

05習志野・空港
5番366yard、打ち下ろしで左ドックレックしているが、無理せずFW使用するも右に飛び出してラフ。
2打目わずかに届かず、1歩に寄せて1パットのパー。

06習志野・空港
6番130yard、グリーン手前が左に傾斜しており、届かず斜面を転がり落ちて赤杭内のラフ。
池扱いで特設ティーから打てるのに、ソウルしなければ打てる状態なので、無理したのが大問題。
斜面がかなり登っており、ショートして途中のラフ。
3打目地面が固いラフでまたしてもショート。
4オンしても4歩の距離から2パットのトリプルは情けない。

後半2度目のトリプルでがっかり。

07習志野・空港
7番497yard、左にドックレックした距離の短いロングホールで、FW使用のつもりが、FWでも正面のバンカーに届きそうなのでドライバーに変えたのがどうだったのか。
バンカーの左を狙ったが、慎重さを欠いてバンカー方向に一直線、幸い当たりが弱かったのでバンカーで止まる。
淵が高くPWで出すだけで、3打目届かず、寄せがパーフェクトの30センチでOKパー。

08習志野・空港
8番324yard、距離が短くドライバーを使う必要がないのに、右が広くドライバー使用が問題。
天ぷら気味で引っかけ、斜面の上の林の中。
フェアウエイに戻すだけのつもりが、強めに入ってしまい、しかも引っかけてサブグリーンのバンカーに入れてしまう大失敗。
巧く出しても7歩の距離で2パットのボギー。

09習志野・空港
9番352yard、最終ホール、ボギーで80台確定なので、慎重に打ったはずなのに、疲れているのか手打ちなのだろう、右に飛び出して林の中。
暫定球も同じように右に飛び出したが、林の手前に転がり戻っていた。
初球を探すと、右隣のラフに転がり降りており、ワンペナゾーンの為、ラフから打っても、方向が確認出来ずに適当。
4打目が大切なのに、暑さで集中力が無くシヨートして万事休す。
エッジ近くから、直接カップインを狙っても4歩と大きくオーバーし、2パットのトリプルと、後半3つ目のトリプルは情けない。

進行も後半はおそらく3時間以上かかっていると思われ、集中が出来ずに自滅。
スコアも、3度のトリプルがあって50回14パットの自滅で、80台を逃す91回は残念。
それでも、初めてのコースで、期待していなかった狭くトリッキーなコースとの予想は外れ、コースそのものは嫌いではない。
ただし、格安なため、初心者が多いのか、進行が渋滞するのは必須なので、2度目は難しい。

今日は、今年55回目のラウンドで、アベレージ96.72回、パット34.85回である。

≫ Read More

| ラウンド日記2014 | 18:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八幡カントリークラブ-2014Round(54)

今日は、千葉県のチャリティーゴルフフェスタに申し込んでいた、八幡カントリークラブでのラウンド。

ここは、距離も短く、さほど人気のあるコースではないが、メンバーを大事にするコースで、ゴルフのサイトに公開されずに、ラウンドをする機会がなかったので、フェスタを利用することにした。

メンバー優先だけあって、初めてセルフで回ると、戸惑う場所が多く、暑い中ではぼやきも多い。
特に、打ち下ろしのショートホールでは、乗用カートを低い場所に止め、ティーグランドまで登らされる場所があり、初めてでは、クラブを何本も持たないといけない。
カートはフエアウエイに乗り入れ出来るので便利であるが、暑い時期に、坂を登らされるのには参った。
八幡天気1
特に、今日は朝から暑く、猛暑日に近い34度は、汗が止まらない。

メンバーさんは、こんな時期にはラウンドしないとみえ、ゴルフ場はガラガラ。
フロントが空くのも7時30分からで、8時30分中コースのスタート予定が、メインが東コースとのことで、変更してくれて、1番スタートで、いつでもどうぞとのこと。

変わっているのは、ティーグランドが、黒、青、白とあり、スコアカードには、高麗とベントの2種類の距離のみで、バック、レギュラーの区別がない。
ティーグランドの距離表示も1種類しかないところがほとんど。
キャデイーマスター室で確認すると、レギュラーは白だが、レデイースがないので、男性は青、女性は白でどうぞとのこと。
それぞれの距離の差がせいぜい10ヤード程度なので、1種類で良いのだろうが、自分でラウンドした距離は不明となる。

東01
東1番398yard、右ドックレックで、若干の打ち下ろしで、ドライバーは避け、FW使用するも、狙いより左で、飛距離は充分だが、グラスバンカーのエッジで、グリーン方向には木が邪魔。
2打目が打ち下ろしであるが、横に出すだけ、3打目トップしてグリーンオーバーしてOBの可能性濃厚。
打ち直し、行ってみると、グリーンオーバーし、カート道路を越えて奥の林の中で枯葉一杯の斜面。
出すだけも困難で、何と6オンで6歩の下り。
1歩まで寄せたが、汗だくで流れる汗に集中力が無く、これも入らずの3パット9打+5は、悲しい。
スタートでの+5、汗だくでは、気力もそがれ、長い一日を覚悟。

2番ショートホールだが、カートを止めてクラブを持って坂を登らなくてはならず、打ち下ろしで、110yard程度の表示看板があり、流れる汗を拭きながら斜面を登るのは辛い。
東02
東2番120yard、汗だくで流れる汗に集中出来ず、PWはトップしてのチョロで、斜面途中のブッシュを覚悟して打ち直し。
行ってみると、思っていたより転がっており、打ち上げの寄せを大きめで10歩に乗せ、2パットのボギー。

東03
東3番465yard、打ち上げて左ドックレックのロングホール、広そうなのでドライバーで、正面のフェアウエイから右に転がり、距離が短く、無理せず6Iでレイアップして8歩にパーオン、2パットのパーで一息つくも、汗だくは止まらず。

東04
東4番337yard、距離が短くFWでまずまず、パーオン逃し、寄らず8歩から2パットのボギー。

東05
東5番363yard、ここでは引っかけて林の中、行ってみると池があり赤杭の中で1ペナ。
5オン2パットのトリプル。

東06
東6番365yard、広くはないが、ドライバーでナイスショットし、2打目ショートして、1歩に巧く寄せて1パットのパー。

東07
東7番121yard、ここでもティーグランドまで、斜面を登らされ、PWで巧く打ったのに大きすぎたのか右奥のバンカー。
何とか4歩に出して、慎重に沈めてのパーは嬉しい。

東08
東8番343yard、打ち下ろしで、フエアウエイが左に傾斜しているとのことで、右方向を狙ったが正面方向にナイスショット。
東08-1
残り70yard程度にあり、巧くAWで5歩にパーオン。
慎重なパットが入って、嬉しいバーディー。

東09
東9番473yard、トップ気味ながらフェアウエイセンターから2打目も巧く打ったのに、3打目90yardをAWが巧く飛びすぎて左奥のバンカーは大誤算。
出すだけ、寄らず6歩から1パットのボギーは残念。

前半は、スタートホールでの+5で、いったんは諦めたが、何とか46回16パットで一安心。

10時25分に上がり、コースではスルーをさせたかったようだが、暑すぎて早すぎる昼食休憩。

西01
中1番495yard、軽めの早昼食だが、涼しい場所から暑い場所へ出ての広々としたティーショットが、大きく引っかけて林の中。
出すだけで、またまた、スタートからドタバタしてのトリプルスタートは、悲しい。

西02
中2番273yard、フェアウエイが大きく傾斜しており、かなり距離が短く、ドライバーとFWを持っていったが、ショートティーが無くなっており、カートまで取りに戻るのも面倒なので、ドライバーで右方向にナイスショットして、カート道路の手前。
距離は短いがグリーンが小さく、グリーンオーバーし、2歩に寄せたのに、外しての2パットは残念。
鴨暑すぎ
フェアウエイを小川が横切って池もあるが、あまりの暑さに鴨も、木陰に避難するほど。

西03
中3番484yard、またまた、ティークランドまで斜面を登らされ、打ち下ろしのロングホールを右目狙いなのに左に飛びだし、小川の手前。
2打目アイアンで巧く運んだが、パーオン出来ずピンまで5歩のエッジ。
パターで、わずかに外れてのOKパー。

ここまで、なんとか頑張ったが、4番で、またもや距離130yardで、クラブを持って斜面を登らされる。
西04
中4番146yard、130yardの表示を信じて9Iで巧く打ったのに、大きくグリーンをオーバーしてバンカーの先のカート道路を跳ねるのが見える。
やむなく打ち直し、またもやグリーンの奥、どうも130yardは無さそう。
グリーン奥からの寄せも5歩で寄らず、2パットのトリプルは情けなく、がっくり。

このトリプルで、集中力が無くなり、暑さで大量の水分補給が、ますます、汗を出すことになり、ぐだぐた。

西05
中5番312yard、距離は短いが、ドライバーでのショットが狙いより右目の林の中。
最近、ドライバーでドローがかからなくなってきており、狙いが難しくなってきている。
横に出すだけで、3オンも出来ず、寄せも6歩で2パットのダボ。

西06
中6番162yard、平坦なショートホールだが、届かず、寄らず5歩から2パットのボギー。

西07
中7番292yard、カートを所定の位置に止め、戻ってティーグランドまでエスカレーターで登るが、下り方が不明。
集中出来ずにトップしての池ポチャは情けなく、打ち直しは右の林ぎりぎり。
4オン出来ず、5オンしても3パットのダブルスコアは情けなく、気力喪失。

西08
中8番327yard、広々としているのに、引っかけて隣のコース。
林を越えられずに4オンしたが、もはや集中力のない3パットでトリプルは悲しい。

西09
中9番394yard、後半、ぐだぐだのゴルフになってきており、このままでは100オーバー確実となって、集中。
しかし、前ホールで引っかけたので、右目狙いが、狙いより右目の林の中で万事休す。
行ってみると、林の中で横に出すのが精一杯。
残り距離が170yardあるが、5Iでパーフェクトに8歩に3オン。
2パットのボギーで、かろうじて100を叩かずに済んだ。

8月に入り、今年のラウンドでは一番の暑さで、熱中症対策から大量の水分を取るため、流れる汗が溜まらず、特に眼鏡の中の目の周りの汗が気になり、集中が出来ない、帽子につける汗取りパッドなどもあるが効果が無く、対策無し。

≫ Read More

| ラウンド日記2014 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |