FC2ブログ

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ニュー南総ゴルフ倶楽部-2012Round(35)

今日は、昭和60年開場の法人会員のみの高級志向の接待ゴルフ場で、かって3千万円から6千万円で募集をしていたニュー南総カントリー倶楽部でのラウンド。
加藤駿輔氏設計の素晴らしいコースである。
ここも、民事再生でアコーディアグループ入りし、キャディー付徒歩でのラウンドのみから、乗用カートの導入により、月曜日のみセルフでのラウンドが開始されて、1万円前後でラウンド出来るようになった。
現在も会員は、法人のみである。
newnanso9w450.jpg
newnanso10w450.jpg
アウト10番からのスタートで、先週の多すぎたラウンドの後遺症からか、左の座骨神経痛のみならず、右の太股に違和感を抱え、スタート前に練習するつもりが、セルフデーで練習場がクローズのため練習できずにスタート。
心配した天気は、曇りで、雨は降らず、涼しく、この時期、夏日よりはずっと増し。
ドライバーを心配していたとおりに引っかけぎみのミスショット。
かろうじて、3オン2パットのボギーとしたが。
newnanso11w450.jpg
11番ロングホールも、またもや引っかけ。
おまけにバンカーにまで入れて5オン2パットのダボ。
12番でも、またまた引っかけ。
さらに池ポチャまでして、5オン2パットのトリプルと、最悪のスタート。


14番で、やっとドライバーが当たり、15番のロングホールでは、3オン1パットのバーディーが出て、やっとまともなラウンドにと、思ったが。

16番210ヤードと長いショートホールのユーティリティーでのショットが右ペナルティーゾーン、そこからのドタバタが、今日のゴルフを象徴しているようなダブルスコア。

前ホールのバーディーが、帳消しとなり17番ではまたもや引っかけて今度は左のペナルティーゾーン。
newnanso18w450.jpg
前半最後の18番のティーショットは良かったが、2打目にバンカーに入れ、今日はショートアイアンの距離感が合わない。
結局、前半は、良かったのは15番バーディーのみで、51回17パットの大叩き。

tee.jpg
かわいいティーマークから、後半は頑張るつもりが空回り。

右の太股を庇ってのショットが、両足のあちこちに影響し、後半スタート前に湿布を追加して望んだが、凝りというか、痛みというか、違和感が増すばかり。

newnanso04w450.jpg
4番ドライバーがナイスショットするも、2打目のショートアイアンがバンカー。
newnanso05w450.jpg
5番HDCP1では、トリプル
newnanso08w450.jpg
8番ショートホールボギー
newnanso9w450-2.jpg
最終9番469ヤードの2打目までは何とか頑張って、残り140ヤード。
ここまでのショット数95なので、ボギーで100は免れる。
しかし、今日は、この場面からのショットで何度もバンカーに入れている。

絶対に、バンカーにだけは入れまいと打ったボールは、無情にもバンカーへ。
ここのコースのバンカーは、真っ白な砂で良く締まっており、堅めなので、今日はほとんどアプローチの打ち方で対処してきたので、ここも同じように打ったが距離があって失敗。
ここで残り2打しかなく、本来のバンカーショットに変えるもまたもや失敗し、バンカーで3、パター3で+4の大叩き。

結局、後半も51回19パットと大叩きし、この素晴らしいコースで、ドタバタゴルフをしたのが悔やまれる。

帰路、右ももの痛みは増すばかり。
スポンサーサイト



| ラウンド日記2012 | 20:10 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |