FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

暑さを避け蓼科に避難

暑さを避け蓼科に避難することにしたが、今日24日は、来年の東京オリンピックの交通規制の予行演習とのことで錦糸町ゲートを制限、さらに、錦糸町の先で追突事故があって、首都高速を抜けるのに時間がかかったが、11時出発で、途中SA休憩とスーパーに立ち寄って3時半ころ到着。

八ヶ岳が奇麗なはずだが、生憎の天気で、下記写真のようには行かない。
ヴィラからの蓼科東急GC

明日25日と翌26日にラウンドの予約を入れてあり、涼しいゴルフを期待。
スポンサーサイト



| 蓼科 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年初めての蓼科ヴィラ

女房の仕事の関係で、3連休を利用して、今年初めての蓼科ヴィラに行くにあたり、去年凍結防止で水抜きしてある水回りを水出し作業の依頼をして行くことに。

今年から中央線のあずさ号が新型車両に変わり、自由席がなくなり、グリーン車も少し増えたが、千葉駅発の車両はなぜか、指定席が混んでいるようで、グリーン車は満席、2席予約も、通路を挟んでの予約。

茅野駅で予約していたレンタカーを借りて、明日以降の天気が雨模様なので、諏訪湖に行ってみることに。

諏訪湖1
お盆に行われる湖上祭の花火の準備がおこなわれている。
諏訪湖2
観光客がほとんどいなく、遊覧船も貸し切りで、しかも、本来の時間に関係ない出航で楽しんだ。

諏訪湖3
公園わきの蒸気機関車D51だが、管理が良くないのでボロボロが悲しい。

片倉館1
諏訪湖湖畔にある片倉館なる千人風呂は、大学時代に一度入ったことがあって、鮮明に覚えているが、場所の記憶がなく、たまたま、今回の訪問地の目の前だった。
次回行ってみることにしたい。
片倉館2



八ヶ岳
今年初めてのヴィラは、大量の虫の死骸を覚悟していたが、去年よりははるかに増しで、掃除も大分楽。
梅雨が明けず、今回の滞在中は、目の前の八ヶ岳は雲の中。


蓼科湖
近くの蓼科湖を散策、次回の散策ルートを検証。
蓼科湖1

| 蓼科 | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科冬支度

蓼科のヴィラも冬には行かないので、連休を使って、早くも、今年最後の蓼科行き。
水抜き作業は業者に任せるので、冷蔵庫の整理や、布団カバー類の洗濯等が必要で、二男と孫、女房の5人での旅行。
今回は千葉発の特急あさまの指定席が取れず、自由席で行くことにしたが、船橋で5人がバラバラに座るのが精いっぱい。
新宿でかなり降りたので、まとまって座ることが出来たが、まさか、千葉駅でほぼ埋まるとは考えていなかった。

茅野駅でレンタカーを借り、二男が御朱印をもらいたいとのことで、諏訪大社に行くことに。
前宮
諏訪大社上社前宮

本宮1
本宮
諏訪大社上社本宮

秋宮
諏訪大社下社秋宮

春宮
諏訪大社下社春宮

7日は、家族が体験陶芸コースを楽しんでいる間、私はすぐ近くのトレッキングコースへ。
陶仙房

御柱コース
紅葉
一部紅葉している。
御柱コース1
御柱コース2
御柱御用材跡地
諏訪大社の御柱16本の伐採が行われた場所
本宮1の柱
本宮1の柱
本宮2の柱
本宮2の柱

ヴィラへ戻る途中、横谷渓谷に立ち寄り
乙女滝
乙女滝
横谷渓谷
横谷渓谷
大滝から乙女滝までのトレッキングコースが魅力的だが、来年以降に持ち越し。
スズメバチの巣
駐車した車のすぐ近くの崖にスズメバチの巣を発見、トレッキングも危険がいっぱい。


| 蓼科 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑さを避けて蓼科に避難

毎日猛暑日が続き、ゴルフも危険な状況となってきたので、3週間ほど蓼科に避難することにした。
今まで、数日の滞在時は、船橋停車の特急あずさ号で茅野に行き、レンタカーで過ごしたが、今回は自分の車で来たが、約4時間と結構遠い。
涼しいはずの蓼科だが、景色がよいヴィラは、日中は温室状態で、暑さが苦手な私には苦痛。
結局、エアコン工事を依頼して、対策は十分。

ヴィラからの蓼科東急GC
和室から目の前に蓼科東急ゴルフクラブのクラブハウスが見える。

蓼科東急からのヴィラ1H棟
1日に、7時半頃スタートの早朝ハーフのラウンドに行って来たが、日陰は涼しい。
蓼科東急からのヴィラ1H棟2
アウト1番のティーグランドからのヴィラ。

| 蓼科 | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科から美ヶ原高原

蓼科から美ヶ原高原
今月末から蓼科に滞在したいと思っており、今年の蓼科は30度越えもあって、エアコン工事の打ち合わせ等で、蓼科のヴィラに。

百歩
夏カレー
近くにあったカレー専門店の夏カレーのノボリが気になって行ってみたが、エアコンが無く、昼の時間帯は暑くてつらい。

涼しい場所を求めて美ヶ原高原まで足を延ばしたが、50キロ以上あって遠く、直射日光は、ここでも暑い。
美ヶ原
美ヶ原1


ヴィラの窓からの景色も、奇麗だが、見るからに暑そう。
ヴィラより

| 蓼科 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科-横谷狭

蓼科3日目だが、昨日のトレッキングで疲れているので、横谷狭の紅葉を少しだけ見ることにした。
横谷マップ


横谷観音展望台から王滝まで行ったが、上り下りが結構きつい。
紅葉
紅葉1

横谷観音付近は結構紅葉が

大滝01
横谷観音展望台から王滝を見るが、かなり下に見える。

大滝04

大滝02
王滝展望台まで15分とあったが、下りでも15分では無理、帰りの登りはかなりつらい。

ヴィラに戻るメルヘン街道沿いのレストランで昼食

ヴィラから八ヶ岳が完全に見えたのは初めて。
ヴィラからの八ヶ岳1000

ヴィラで休息後、レンタカーを5時までに返し、5時50分のあずさ号にて船橋へ。

| 蓼科 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科旅行3回目

18日に上総モナークのラウンドを終え、帰宅して夜に息子の車で、3回目の蓼科に行くことになった。
土曜日の渋滞を避け、都内の渋滞を避けての金曜日夜の出発で、ヴィラに到着したのは夜の11時45分。

窓からの北八ヶ岳
前回まで、雲がかかって見えなかった北八ヶ岳が、目の前によく見える。

乙女滝
朝食に出かけ、近くの乙女滝を散策。

管理会社からの注意事項を1時間ほど説明を受け、今回も、追加の布団や、前回買い損なった日用品を購入に出かける。

ヴィラ
ヴィラ
窓

和室
和室
リビング
リビング
キッチン
キッチン


日曜日、リゾートタウン内のハイキングコースを散策後、洗濯機を購入するかどうか迷って諏訪市内の電気店へ行くも、利用状況を説明すると、止めた方がよいとのことになり、近くの諏訪大社に。


諏訪大社鳥居
諏訪大社本宮
御柱1
本宮一の御柱
御柱2
本宮二の御柱
御柱3
本宮三の御柱
御柱4
本宮四の御柱
本宮
本宮


本来、ヴィラに戻るのだが、前日の朝食時に、私だけがまだ、エクシブ蓼科に行っていないので、せっかくだから行ってみようかと言うことになり、急遽連絡を入れ、キャンセル待ち、しばらくして予約が取れたとのことで、最終日に近くのエクシブに行くことになった。

エクシブ

エクシブ1

エクシブ2


月曜日に、朝食バイキングを遅めにとり、都内の渋滞を避けるために11時頃に帰路についた。
鹿
帰路、鹿に遭遇。

| 蓼科 | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東急リゾートタウン蓼科

先日一目惚れした、東急リゾートタウン蓼科のヴィラを、女房が購入することになり、契約と買い物で蓼科へ。
今回は、買い物が中心なので、茅野駅まで特急あずさ号で行き、駅レンタカーを借りての行動。
到着後、昼食をはさんで、とりあえず必要な布団、日用品、家電を購入して、契約に向かう。

軽く見ていた契約は、重要事項の説明から、司法書士への委任状まで、2時間以上。

いったん夕食に出かけたが、疲れ切って、為れない夜道が嫌だったので、スーパーでの総菜購入後、目的地に向かったが、広すぎるリゾートタウンなので、購入物件の地図をもらってたどり着いたら真っ暗。

目いっぱいの荷物を運び入れ、疲労困憊。

涼しいはずの蓼科だが、思ったより暑く、窓を開けても、扇風機だけでは不安いっぱい。

ヴィラ
今日も又、八ヶ岳は曇に隠れて、完全には見えないが、それでも、この景色は素晴らしい。

朝食で近くの東急ハーヴェストクラブ蓼科に行ってみたが、日曜日の朝食なので大混雑であきらめる。
リゾート内のコンビニは開いていない時間なので、外に出かけると車で約15分。

朝食後、目の前のゴルフ場との間の森の中に「みずならの小径」があるようなのでハイキングに出かけたが、暑い。
片道約30分で、センター地区近くまで歩いたが、コンビニで小休止して帰りは少し早い。

車でリゾートタウン内を回ったが、いくつかのハイキングコースと、トレッキングコースもあり、涼しくなったら楽しめそう。

前日購入した、テレビと冷蔵庫の搬入を待ったが、到着予定時間が遅くなり、帰路の電車に間に合いそうもなく、販売事務所の担当者に搬入と設置の立ち合いを依頼して4時前に帰路に就く。



東急リゾートタウン蓼科は、昭和40年代、急速なモータリゼーションの進展による、ファミリーレジャーへのニーズの高まりや、高度成長による、量的な充足から質的な欲求への価値観の変容の中で、増えつつあったレジャー産業、取り分け、別荘に対する需要に対応すべく、東急不動産(株)が着手した大規模リゾート開発の中核事業です。

昭和40年代後半から用地取得、開発許認可が進められ、昭和53年の第一期別荘分譲に端を発し、現在まで23期、約1200戸の別荘と70棟1186戸のリゾートマンションを分譲、開発面積約660haの大規模団地に成長致しました。

この大規模リゾートタウン開発は、スポーツレジャー施設と別荘を一体に整備し、さらにコミュニティの要素を盛り込み、トータルリゾートライフを提供しようという発想で、レジャー施設は単なる別荘利便施設ではなく、それぞれの施設が独自に利用客を集めうる規模と内容を持つ複合リゾート開発として進められ、昭和54年蓼科東急ゴルフコース、蓼科東急テニスクラブ、昭和56年蓼科東急リゾート(パブリックホテル)、昭和57年蓼科東急スキー場が相次いでオープン、昭和63年には、現在、全国に17施設を展開する会員制リゾートホテル『ハーヴェストクラブ』の第一号施設として、東急ハーヴェストクラブ蓼科が開業致しました。

その後も、平成11年には東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックス、及び鹿山の湯(温泉スパ施設)、平成13年にはビッグウィーク、同時期に、チャペルルシア(挙式用教会)がオープンし、平成18年度のタウン内施設利用者数は、約20万人(ホテル宿泊者・ゴルフ場利用者・テニスコート利用者・宿泊客除く温泉利用者・スキー場利用者※チャペル利用者・レストラン利用者・別荘来荘者・売店利用者等は含まず)と、中央道八ヶ岳/蓼科エリア屈指の複合リゾート施設として、揺るぎ無い地位を確立し、今なお成長を続けております。

| 蓼科 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT