FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鹿島南蓼科ゴルフコース-2018Round(75)

ホームコースの月例杯で一緒に回っている仲間がきてくれて、鹿島南蓼科ゴルフコースでのラウンド。

鹿島南天気
ここも標高1250メートルで涼しいはずだが、天気が良く、風も弱いので少し暑い。

10鹿島南
10番340yard、当たりが悪くフェアウエイまで届かず、2打目上々、7歩に寄せて1パットのパーと、上々のスタート。

11鹿島南
11番345yard、引っかけ気味で左バンカー、バンカーから上手く打ったがグリーン左の斜面ラフ、4歩に寄せたが2パットのボギー。

12鹿島南
12番297yard、右に打って木に当て、2打目狙えず、9歩に3オンしても3パットのダボが残念。

13鹿島南
13番502yard、まだまだ引っかけ気味、2打目まずまず、3オン逃して13歩のエッジ、2歩に寄せたのに2パットのボギーが残念無念。

14鹿島南
14番151yard、12歩に乗せ2パットのパー。

15鹿島南
15番388yard、右バンカー方向ねらいが狙い通りでよく飛んだのにバンカー、出すだけ、3打目ミスし、2.5歩に4オンして1パットのボギー。

16鹿島南
16番175yard、チョロが情けなく、8歩に2オンして2パットのボギー。

17鹿島南
17番368yard、ドライバーは初めてフェアウエイキープ、13歩にパーオンして2パットのパー。

18鹿島南
18番461yard、トップしてクリークをかろうじて越えた深いラフ、2打目上手く打ったが木に当て、3打目.4打目ミスが情けなく、6オン2パットのトリプルが残念。

前半は、最終9番が残念な45回17パット。


01鹿島南
1番492yard、ドライバーはねらい通り、2打目まずまず、3打目上手く打ったが8歩のエッジ、1歩に寄せて1パットのパー。

02鹿島南
2番138yard、飛びすぎて奥の斜面ラフ、寄せをミスして11歩のエッジから1歩に寄せても2パットのダボが情けない。

03鹿島南
3番410yard、距離が長いか゛ドライバーの当たりが悪く飛んでない、2打目引っかけ気味、上手く2歩に3オンして1パットのパーが上出来。

04鹿島南
4番179yard、距離が長いが右奥エッジ17歩に上手く打って1歩に寄せたのに2パットのボギーが情けない。

05鹿島南
5番500yard、ドライバーをミス、2打目上手く打ったのにフェアウエイ左の木の上の方に当ててしまいバンカー、淵に当てて左に跳ねて木のすぐそば、打てずにドタバタし、グリーン右のバンカーに入れたりして9打+4が情けない。

06鹿島南
6番302yard、狙いより右に出たが木の上をまずまずの場所、9歩にパーオンし、1歩に寄せての3パットがまたまた情けない3度目のショートパットミス。

07鹿島南
7番443yard、距離が長くしかも上っているここで、ドライバーは当たり損ない、4オン2パットのダボ。

08鹿島南
8番373yard、右の林方向に打ってしまいボールが見つからない、諦めかけたところで探していた場所より先の林の内の斜面ラフに見つけ、2打目木に当てさらに斜面上、3打目奇跡的にフェアウエイ方向ラフに出せたが、届かず、寄らず4歩からかろうじて1パットのダボ。

09鹿島南
9番369yard、連続ダボで80台は無くなったが、ここでのドライバーは上々、2打目完璧なショットで4歩にパーオンし、1パットのバーディーは上出来。

後半は、1歩のパットミス3回と5番での大叩きで47回15パットが残念。

≫ Read More

スポンサーサイト

| ラウンド日記2018 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蓼科東急ゴルフコース-2018Round(74)

今日は、滞在しているヴィラの目の前にある蓼科東急ゴルフコースで、いつものゴルフ仲間が長野に来ているので合流して前日に泊まってもらってのラウンド。
同じリゾートタウン内の一人参加の方が入って3サムでのラウンドだが、今日は進行が渋滞で、集中できないのか、先日絶好調だったパットが、なぜか、今日は絶不調。

天気が良く、風が弱いが、木陰は涼しく、カート走行中は、風が気持ちよく、暑いながらも、この時期としてはまずまずのコンディション。

10蓼科東急
10番333yard、距離の短い右ドックレックのここでは、引っ掛け気味のドライバーが左ラフ、2打目ショートしてピンまで29歩の絵時近く、アプローチで上手く1歩に寄せて1パットのパーと、スタートは上出来だったのだか。

11蓼科東急
11番372yard、ドライバーは上出来、2打目もまずまずで9歩にパーオンしたのに、ファーストパットを1歩オーバーして、返しをまさかのミスでボギーから悲劇は始まった。

12蓼科東急
12番483yard、右傾斜方面からのドライバーショットは完璧、2打目ミスしても結果はまずまず、3打目完璧でピン2歩のバーディーチャンス、これを、前ホールでのパットミスからのプレッシャーでまさかのパー。

13蓼科東急
13番340yard、ここでのドライバーはトップ気味ながら結果はまずまず、2打目グリーンオーバーの21歩奥のエッジ近く、下りを3歩オーバーし、またしてもショートパットミスのボギーがストレス。

14蓼科東急
14番167yard、距離が長めで打ち下ろしのショートホール、150ヤード打ってもオーバーして奥の21歩エッジ、寄らず3歩からまたしても入らずボギーと、4連続のショートパットミスで、ストレスいっぱい。

15蓼科東急
15番353yard、ドライバーは上出来、2打目も完璧で5歩にパーオンして2パットのパー。

16蓼科東急
16番472yard、ここでのドライバーは完璧で飛びすぎ、下りとはいえ前組の近くまで転がったようで残り165ヤード、2打目前組をかなり待ってのショットが引っ掛け気味で木の枝に当たって残念、5歩にパーオンして2パットのパー。

17蓼科東急
17番187yard、距離の長いショートホール、引っ掛け気味で21歩の左ラフ、上手く2歩に寄せて1パットのパー。

18蓼科東急
18番289yard、ここまでのショットはほぼ満足な状況で来ていたのに、ここでの引っ掛けが残念で左ラフのライの悪い場所、距離が短く木越えになるがAWで届くはずが、ダフリ気味で木の枝に触れてバンカーが想定外、前半上がりホールのバンカーからのミスが多く、プレッシャーでホームランして危うくOB、最悪のライからざっくりしてミスを続け、6オン2ハットのダブルパーは、想定外のショック。

前半、最終ホールの+4で43回18パット、スコアはまずまずながら、中身は不満一杯。


01蓼科東急
1番364yard、昼食後のドライバーも引っ掛け気味、18歩にパーオンしても距離感がおかしくなったパットが絶不調で6歩もオーバーして3パットのボギーが情けない。

02蓼科東急
2番418yard、ここでも引っ掛け気味で左バンカー、出すだけ、3打目ミス、4打目2歩に寄せても、おかしくなったハットが問題で3パットのトリプルが情けない。
02-1蓼科東急
ティーグランドからの八ヶ岳

03蓼科東急
3番472yard、トップして結果はまずまず、2打目ミス、3打目、4打目で7歩に乗せても、またしても3パットのダボが情けない。

04蓼科東急
4番144yard、17歩にパーオンして2パットのパー。

05蓼科東急
5番328yard、ドライバーはまずまず、パーオンしたが23歩の距離、またしても8歩もショートしての3パットボギーが情けない。

06蓼科東急
6番296yard、引っ掛けてのドライバーはバンカー、2打目ミス、3打目31歩のエッジ、2歩に寄せて1パットのボギー。

07蓼科東急
7番473yard、トップしたが左ドックレックのかど近く、2打目ミス、3打目まずまず、8歩に乗せて2パットのボギー。

08蓼科東急
8番276yard、トップしたが結果はまずまず、14歩にパーオンしても不調なパットは3歩オーバー、慎重に入れてのパーで、80台の可能性は残された。

09蓼科東急
9番187yard、無理せず慎重に右方向狙いで14歩にワンオンし、2パットのパー。

後半も、パットの不調が問題で、進行も遅く、45回21パットと結果は不満一杯。

≫ Read More

| ラウンド日記2018 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中央道晴ケ峰カントリー倶楽部-2018Round(73)

初めての一人予約で、中央道晴ケ峰カントリー倶楽部でのラウンド。
蓼科からいったん茅野市内に降りて、中央道の反対側の山を登ったところにあり、クラブハウスの標高が1,333mで、スタート時間の気温は22℃と涼しいが、気温が上がると日蔭以外は暑い。
中央道天気

初めての一人ゴルフ参加なので、恥ずかしくないゴルフをしようと、緊張感を持って望んだのが良い結果に。
01中央道
1番481yard、打ち下ろしの距離が短めのロングホール、ナイスショットはしたが、高地で普段より飛ぶのか、久しぶりの飛距離で、左のバンカーより先に飛んで残り距離が210ヤード、2打目も無理せずU4でのショットが引っかけ気味で左のバンカーを覚悟したのがバンカーを越えて左のグリーンエッジでピン横26歩の場所、慎重なアプローチも上手く2歩に寄せたが、バーディ逃しのパーは、上出来のスタート。

02中央道
2番160yard、引っかけを警戒したが、それでも引っかけて左ラフ、アプローチをミスしてピンまで7歩エッジが残念で、寄せて1パットボギーが情けない。

03中央道
3番361yard、引っかけ気味だが想定以上に飛んで左の斜面、グリーン方向の木の枝があって低いボールがグリーンオーバー、下りのアプローチが止まらずに8歩オーバー、でも、完璧なパットで1パットパーは、出来すぎ。

04中央道
4番330yard、ここでも引っかけ気味、2打目以降ミスがあって4オン2パットのダボが残念。

05中央道
5番374yard、苦手な右ドックレック、右ねらいがやはり引っかけ気味、2打目ミス、3打目ミスでも、4打目のアプローチをピタリと寄せてのボギー。

06中央道
6番180yard、打ち下ろし30ヤードで距離感が難しく、U5での完璧なショットがピン奥15歩のエッジ、パターで寄せて1パットのパー。

07中央道
7番406yard、ここで初めてドライバーが真っ直ぐの完璧なショットでよく飛んだ、しかし、残り160ヤードを慎重さを欠いてスウエーのミスでシャンク、3打目も同じようなミスが情けなく、4オン2パットのダボが情けない。

08中央道
8番509yard、ドライバーは引っかけ気味で左ラフ、グリーン手前にクリークがあり、無理せずレイアップ、しかし、残り130ヤードより奥のピンに対し、9Iが想定外の飛びすぎでグリーンオーバーの奥の斜面ラフ、慎重なアプローチも下りを7歩オーバー、ても、1パットのパーが嬉しい。

09中央道
9番322yard、ここでのドライバーも完璧で飛距離も十分、前ホールでのアイアンの飛び過ぎもあって短めのクラブでのショットがグリーン手前にショート、パターで3歩に寄せたのに3パットのダボが情けなく悲しい。

前半は、44回4パットと結果はまずまずだが、相変わらずのミス多発が残念。

昼食は、7千円税別の限定昼食付きで期待していなかったのに、月に2回のスタミナフェアーで、ステーキ重か、鰻重のラッキーで、鰻重でスタミナをつけることに。

10-1中央道
10-2中央道
アウト10番は少し上ったところにあり、八ヶ岳が一望できる1378メートル。

10中央道
10番368yard、引っかけきみで左ラフ、2打も左ラフ、5歩と寄らずに2パットのボギー。

11中央道
11番408yard、ここでもドライバーは多少引っかけ気味、2打目上手く打って7歩のエッジ、寄せて1パットのパー。 

12中央道
12番185yard、打ち下ろしショートホールで短めのクラブを使ったのに引っかけて左斜面から右に跳ねてグリーン左奥のラフ、上手く4歩に寄せて1パットのパー。

13中央道
13番377yard、左の傾斜を警戒して右方向からのドローボールが完璧、残り130ヤードを完璧にピン手前3歩に乗せたのに、2パットのバーディー逃しのパーは残念。

14中央道
14番548yard、ここでのドライバーも完璧で飛距離約240ヤード、2打目も上手く打ったがいってみるとバンカーで、ピンまで80ヤード、ピッチングウェッジでのハーフショットが完璧でピン横4歩、前ホールでのバーディーを逃しているので、慎重に1パットでバーディーが嬉しい。

15中央道
15番151yard、右に外したが、上手くアプローチで1歩に寄せて1パットのパー。

16中央道
16番404yard、ここでのドライバーも完璧、残り150ヤードだが、高地で飛ぶと判っていたので短めの8Iで上手く打ったはずなのに、飛びすぎて奥のバンカーは想定外、アプローチで寄せようとしたのが間違いで出すだけ、2歩に寄せてもショックからかパットのダボは想定外で悲しい。

17中央道
17番340yard、当たりは良くないがまずまずのドライバー、11歩にパーオンして2パットのパー。

18中央道
18番475yard、最近の最終ホールでの大叩きを警戒したが、ドライバーはトップしても転がって結果はまずまず、残り距離から無理せずアイアンを選んだのは良いが、方向を確認せずにバンカーに入れたのが1回目想定外、3打目またしても方向を確認する慎重さを欠いて右に打ってまたしてもバンカーが2回目の想定外、焦って出せない3回目の想定外、5打で13歩に乗せて2パットのダボで30台逃しが情けない。

後半は40回14パットと、30台逃しが残念だが、スコアとしては大満足の84回28パットと上出来。

初めて一人ゴルフデビューは、進行もまずまずで、暑さもさほどでなく、昼食も満足な結果が何より。

≫ Read More

| ラウンド日記2018 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

季美の森ゴルフ倶楽部-2018Round(72)

7年8ヶ月ぶりと、かなりのご無沙汰だった、季美の森ゴルフ倶楽部でのラウンド。
季美の森天気
何回か猛暑日でのラウンドが続いたので、今日は風も少しあって、大分楽なコンディションだが、それでも真夏日。

前半はインコースだが、こんなに久しぶりだと、コースの記憶はほとんど無い。
10季美の森
10番399yard、ひっかけを警戒してもやっぱり想定内の左ラフ、グリーン方向に木があり、右を狙ったがひっかけてミス、アプローチをミス、4打目のアプローチが完璧でOKボギー救われた。

11季美の森
11番495yard、ここでもひっかけ気味の左ラフ、2打目もひっかけてバンカー、上手く出して15歩のエッジから2歩に寄せて1パットのパー。

12季美の森
12番138yard、4歩にワンオンし、2パットのパー。

13季美の森
13番383yard、左の大きなバンカー群を避けて右方向からのドライバーは完璧、2打目も上手く8歩にパーオンして2パットのパー。

14季美の森
14番315yard、左の池を警戒して、ここでも右からのドライバーは上々、2打目ミスしたが15歩にパーオンして2パットのパー。

15季美の森
15番472yard、先日の連続パーからの大叩きが嫌な予感、ドライバーを引っかけたが左ラフのまずまずの場所、2打目もひっかけたが問題のない場所、しかし、3打目またしてもひっかけてのバンカーが大問題。
最近、バンカーでのショットが思い切って打てていない。
やっぱり出ず、出すだけ、ミス、5歩から2パットの9打+4が情けない。


16季美の森
16番361yard、前ホールでのミスが尾を引き、ドライバーをトップしてチョロの池ポチャ、特設ティーからの4打目をまたしてもバンカーに入れる試練、7歩に出して2パットのトリプルが情けない。

17季美の森
17番171yard、右端のピンに対し、引っ掛けぎみで31歩のエッジ、寄らず3歩から2パットのボギー。

18季美の森
18番400yard、ここでも右の池を引っ掛けて左の木立の中、横に出すだけ、3オン出来ないが12歩のエッジから寄せて1パットのボギー。

前半は15.16番以外はまずまずの46回15パット。


01季美の森
1番510yard、ここでも引っ掛けと、今日は引っ掛けが多いが、2打目も引っ掛け、しかし、3打目完璧で4歩にパーオン、しかし、2パットのパー。

02季美の森
2番399yard、ここでも引っ掛け気味、2打目右に打ってバンカーに入れて嫌な予感、出すだけ、2歩に寄せて1パットのボギー。

03季美の森
3番141yard、12歩に乗せ、ファーストパットを1歩に寄せたのに、3パットのボギーが情けない。

04季美の森
4番344yard、久しぶりにドライバーが復活し、2打目乗らず13歩のエッジから1歩に寄せたのに、またしてもショートパットミスのボギーが想定外。

05季美の森
5番350yard、当たりは良くないが結果は左フェアウェイキープ、2打目ひっかけ気味でグリーン左手前、アプローチが完璧でOKパー。

06季美の森
6番485yard、ここでのドライバーは完全復活、2打目ひっかけ気味、3打目21歩のカラーに運び、パターで1歩に寄せて1パットのパー。

07季美の森
7番346yard、ドライバーが飛びすぎて左前方のグリーン手前の池のすぐ手前、後ろの木とライが気になってだふっての2打目池ポチャのミス、打ち直しを12歩に4オンして2パットのダボが情けない。

08季美の森
8番203yard、距離の長いショートホール、池とバンカー越えを狙わざるを得ず上手く8歩にワンオンして2パットのパーが上出来。。

09季美の森
9番413yard、最近、最終ホールでの大叩きが多く、無理をしないようにしたがドライバーは上々、2打目引っ掛けてのバンカーを警戒したが、距離が長く、ひっかけてバンカー方向、幸い、いったん入ったバンカーを出たが、80台がかかった20歩のエッジ近くからの寄せをざっくりが情けなく、慎重に2歩に寄せ、執念でねじ込んでの80台達成が何より。

後半は、43回16パットと、大叩きがないまずまずの結果。

≫ Read More

| ラウンド日記2018 | 15:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オークヒルズカントリークラブ-2018Round(71)

オークヒルズ天気
今日も又、真夏日の暑い一日を覚悟してのオークヒルズカントリークラブでのラウンド。

インからのスタート。
10オークヒルズ
10番482yard、ドライバーは引っ掛けてを想定したのに右バンカー、2打目はまずまず、3打目ひっかけて左12歩のエッジ、寄せを4歩とミスして2パットのボギーが残念。

11オークヒルズ
11番175yard、実際の距離が148yardで、上りなので7Iでのショットがショートして9歩のエッジ、はたーての寄せを前ホールに続いて3歩もショートしたが、何とか1パットのパー。

12オークヒルズ
12番357yard、ドライバーをここでも右に打って手しまい木の間、前が開いており巧く5歩にパーオンして2パットのパー。

13オークヒルズ
13番327yard、距離が短いが右ドックレックしており、真ん中を狙ったが、ここでも右の木の方向、散々探しても見つからず、暫定球宣言をして打った後グリーンに向かう途中で本球を見つけ、13歩に乗せて2パットのパー。

14オークヒルズ
14番135yard、池越えのショートホール、ピン手前4歩にワンオンし、バーディー逃がしのパー。

15オークヒルズ
15番408yard、230yard先から左にドックレックしており、苦手なホールで、ドライバーをトップして右斜面池の手前、出すだけなのに強く打ってのOBが想定外。
特設ティーから5オン2パットのトリプルが情けない。

16オークヒルズ
16番491yard、名物ホールのここで、池越えの距離感ががむつかしいがドライバーショットはまずまず、池の手前にレイアップし、残り距離を大きく見すぎてグリーンオーバー、寄せをミスしてざっくり、オーバーからのダボは情けない。

17オークヒルズ
17番354yard、ここでのドライバーショットも何故か今日は右目、2打目上手く6歩に乗せたのに3パットのボギーが残念。

18オークヒルズ
18番359yard、ドライバーは上手く打ったのに2打目右、16歩に3オンしても3パットのダボは残念。

前半は、4ホール連続のパーがあるのに45回19パットは残念な結果。

01オークヒルズ
1番384yard、昼食後のドライバーは引っ掛けてが多く、今回もひっかけ気味、2打目届かず、寄せを完璧に1歩に寄せたのに2パットのボギーは残念。

02オークヒルズ
2番342yard、このホール-引っかけてのバンカー方向が多いが、判っているのにパンガー、2打目引っ掛けてグリーン左手前のラフ、寄せをミスして19歩からボギー。

03オークヒルズ
3番441yard、打ち下ろしの200yard先から右にドックレックした、距離の短いロングホールだが、右正面のバンカー方向を狙ったドライバーショットが、狙い通りのバンカー先、2打目無理せずわずかに届かず17歩のエッジ近く、パターでうまく寄せて1パットのバーディーがうれしい。

04オークヒルズ
4番185yard、今日のティーグランドはかなり前で、上りの距離感がむつかしくグリーン奥の斜面ラフ、寄せをミスしてボギーが残念。

05オークヒルズ
5番315yard、距離の短いここでは右を警戒しすぎて左のラフ、ここからバンカーに入れてしまい、なぜか最近苦手なバンカーからのトリプルが情けない。

06オークヒルズ
6番369yard、引っかけてバンカー、出すだけ、3オンできず、寄らず2パットのダボ。

07オークヒルズ
7番520yard、右ドックレックのロングホール、ドライバーは狙い通りだがフェアウエイ奥のラフ、2打目UTは完璧でよく飛んで、3打目9歩にパーオンし、2パットのパー。

08オークヒルズ
8番167yard、グリーンオバーして13歩のエッジ、今日はグリーン周りの寄せからのミスが多発しており、またしても寄らず8歩からのボギーが情けない。

09オークヒルズ
9番357yard、最終ホール右にドックレックしており、ドライバーは完璧、2打目持って行ったクラブが小さいとは思ったが、取り換えを止めてのバンカーが情けなく、気落ちしてのバンカーでの3回からのダブルスコアは、またしても最終ホールの魔物に捕まった。

後半は、またしても最終ホールでのミスが情けない48回17パットと残念無念。

≫ Read More

| ラウンド日記2018 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ ナショナルカントリー倶楽部千葉-2018Round(70)

まだ7月終盤なのに、今年70回目のラウンドで猛暑日予報の中、ザ ナショナルカントリー倶楽部千葉でのラウンド。
廣済堂天気
一昨日よりは少し風があり、カートのコース内乗り入れが可能なので少しは楽。

西コースからのスタート
廣済堂西01
1番356yard、最近スタートでのひっかけを多発しており、注意をしていてもひっかけて林の中、しかも、木のすぐ後ろでフェアウェイに戻すことも困難な状況、何とか左ラフまで戻し、3打目木が邪魔でやっぱり木に当たって、4打目でバンカーと散々、トリプルスタートは情けない。

廣済堂西02
2番318yard、距離は短めでひっかけができないのでUTでまずまず、2オンできずに14歩のグリーン手前の斜面からのアプローチが完璧でOKパーは、上出来。

廣済堂西03
3番325yard、狙いより右方向に飛び出したドライバーだが結果はまずまず、2打目わずかに届かずエッジから7歩、パターでうまく寄せてOKパーと、スタートのミスを取り返して一安心。

廣済堂西04
4番323yard、ドライバーをトップしたが結構転がって残り役180ヤード、最近不調のUTが久々にナイスショットしてピン横9歩のエッジ、パターで1歩に寄せて1パットのパーと、好調を維持。

廣済堂西05
5番476yard、ここでのドライバーは上々の出来、2打目3打目も久しぶりに問題なく、またしてもエッジ18歩からパターでうまく寄せて1パットのパーは、少し、出来過ぎ。

廣済堂西06
6番110yard、以前このホールでホールインワンを出したことがあり、ティーショットは上出来のまたしてもエッジから9歩、パターで寄せてOKパーは、さらに、上出来。

廣済堂西07
7番378yard、気を良くしてのティーショットは完ぺきでよく飛び、残り130ヤード、しかし、2打目痛恨のダフリ、5歩のエッジから6連続のパー狙いを1歩オーバーし、返しを外すダボが情けない。

廣済堂西08
8番146yard、気を取り直しひっかけを警戒したのに左のサブグリーン、寄せを痛恨のざっくりの空振りが悲しく、上手く2歩に寄せてボギーがむなしい。

廣済堂西09
9番476yard、前2ホールの失敗があり、上りホールでの大たたき傾向があって慎重に打たなくてはいけないティショットを大きくひっかけ、結果として木に跳ね返って戻ってきた、2打目上手く打ったのに、3打目またしてもひっかけて林の中、カート道路にボールがあり、周りは荒地状態、4打目またしてもザックリの空振りが情けなく、5打目またしてもざっくりでバンカーの淵、打ちずらい状況からグリーン手前に寄せるのが精いっぱいで7オンパットの+4は悲しい。

前半は、5連続パーがあっても、1.9番の大たたきで46回12パットと、2グリーンでグリーンが小さいのでパットは少ない。

後半は南コースだが、気温が上がってきたのか、とにかく暑い。
廣済堂南01
1番319yard、昼食後も身体の動きが鈍く、注意をしてもやっぱりひっかけが情けない、木があって無理せず3オン2パットのボギー。

廣済堂南02
2番472yard、ドライバーはまずまず、2打目ひっかけ気味で左ラフ、7歩にパーオンして2パットのパー。

廣済堂南03
3番351yard、苦手なホールで引っ掛けて隣ホールラフでワンペナ、エッジ16歩に運んでも寄せをダフってダボが残念。

廣済堂南04
4番259yard、進行が渋滞していて待っているのが辛く、当たりそこないのボールが右斜面を転がってワンペナからまたしてもダボが情けない。

廣済堂南05
5番148yard、右手前のバンカーからボギー。

廣済堂南06
6番422yard、距離の長いミドルホール、トップしたドライバーショットでは2オンを狙えずボギー。

廣済堂南07
7番111yard、13歩にパーオンして2パットのパー。

廣済堂南08
8番472yard、距離が短めのロングホール、フォローの風もあり、ドライバーが完璧で残り180ヤード上り、2打目届かず、3歩に寄せてバーディー逃しのパー。

廣済堂南09
9番311yard、最終ホールのミスを注意してひっかけを解消のドライバーで残り120ヤード、安心して集中力をなくしたのか右に打ってしまいバンカーが情けなく、しかも、何と、バンカーで2度打ちで出ず、5オンもできず、寄せて1パットのトリプルと、またしても想定外の大たたきが悲しく情けない。

結局、後半も中盤のペナルティーと、上がりの大たたきで、46回15パットと残念な結果。

≫ Read More

| ラウンド日記2018 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市原ゴルフ倶楽部市原コース-2018Round(69)

猛暑日予報の中、熱中症に気をつけながら、市原ゴルフ倶楽部市原コースでのラウンド。
市原G天気
覚悟はしていたが、風も弱く、とにかく暑い。

前半は東コース
東01
1番441yard、スタートホールのひっかけは想定内で飛ばず、2打目まずまず、3打目上手く打ったが届かず4オン2パットのボギー。

東02
2番371yard、ドライバーは復活し、2打目右に打ったが上手く寄せて1パットのパー。 

東03
3番123yard、ワンオンしたが13歩、寄せて2パットのパー。 

東04
4番352yard、ドライバーはまずまずだったが、2打目届かず21歩のエッジ、寄せをミスして5歩からの3パットダボが情けない。 

東05
5番351yard、ここでもドライバーはまずまずなのに、2打目ひっかけ、アプローチを17歩のエッジから寄らずパットのダボと残念。 

東06
6番495yard、大きく右に打って木にあて斜面下、 斜面からのミスを連発してダボ。

東07
7番157yard、ワンオンしたのに3パットボギーが残念。 

東08
8番352yard、ドライバー、2打目ともまずまずで18歩から2パットのパー。 

東09
9番401yard、ここでもドライバー2打目とも順調で2パットのパー。

前半は大きなミスもなく44回19パットと、猛暑日の集中力のない中では、まずまず。


後半は中コース
中01
1番324yard、トップ気味のドライバーだが結果はまずまず、2打目ショートしたが上手く4歩に寄せて1パットのパー。 

中02
2番144yard、11歩にワンオンして2パットのパー。 

中03
3番357yard、ドライバー、2打目とも順調で14歩から2パットのパー。 

中04
4番535yard、最近ログホールが不調だったがここでのドライバーは完璧、2打目も慎重に打って、パーオンして2パットのパー。

後半4ホール連続、前半から6ホール連続のバーは、順調、しかし、暑い。 

中05
5番368yard、結果はまずまずだが当たりが悪く飛んでいない、2打目届かず、寄せをミスしてボギーが残念。 

中06
6番331yard、ドライバーは上手く打ったのに2打目ミスし、6歩に3オンしたのに3パットのダボが残念。

中07
7番137yard、ひっかけて13歩左にワンオンし、寄らず2歩から3パットのボギーが残念。 

中08
8番344yard、ひっかけて左斜面から転がり左ラフ、グリーン方向が狙えず、3.4打目のアプローチミスが情けないダボが残念。 

中09
9番485yard、最終ホール大叩きさえしなければ80台、しかし、大きく右に打ち出したドライバーショットが右の木にあたって左ラフまで横に飛んで、前回もこのホールで同じようなミスをしたことを思い出した。
無理しないはずなのに、暑さと疲れで集中力をなくしたのか、2打目飛ばず、3打目シャンク気味で右斜面中腹、4打目さらに右上、5打目でフェアウェイに戻し、7歩に7オン、1パットなら80台だが、入るはずもなく2パット+4の大叩きが情けない。

結局、4回のパーがあるのに46回18パットと情けない。

気温が高く風がなく、進行も渋滞気味で暑く、ポロシャツが汗でびっしょりなのは初めての経験で、熱中症にならなかったのが救い。 

≫ Read More

| ラウンド日記2018 | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デイスターゴルフクラブ-2018Round(68)

デイスター天気1
天気予報では、午前中に雨を覚悟したが、結果として降られずに済み、曇りで蒸し暑かったが、この時期としてはまずまず。

前半は、中コース
中1デイスター
1番497yard、チョロから引っかけてバンカーに入れ、シャンクもあってボロボロの9打+4は情けない。

中2デイスター
2番140yard、当たりは良くなかったが、ピン横3歩に乗に1パットのバーディーが嬉しい。

中3デイスター
3番333yard、ドライバーはまずまず、11歩にパーオンして2パットのパー。

中4デイスター
4番352yard、左ドックレックでグリーン手前の池が要注意のここでもドライバーはまずまず、でも、引っかけて木に当て、打ちづらい斜面ラフから池越えを何とか3オンしてボギー。

中5デイスター
5番386yard、右にプッシュアウトのOB、特設ティーからダボ。

中6デイスター
6番362yard、引っかけてダボ。

中7デイスター
7番162yard、トップ気味ながら12歩にワンオンし、奇跡の1パットで、シートホール連続のバーディーは、出来すぎ。

中8デイスター
8番458yard、ひっかけてダボ。

中9デイスター
9番357yard、ドライバーミスし、ダボ。

前半はスタートの大叩きがあっても、ショートホールでのバーディー2つで、47回16パットと、まずまず。

後半は東コース
東1デイスター
1番357yard、引っかけて隣のコース、出すだけ4オン2パットのダボ。

東2デイスター
2番355yard、またもや引っかけてダボと、最近引っかけを解消したはずなのに、なぜか、引っかけが止まらない

東3デイスター
3番535yard、ドライバーはまずまずで、2打目まで上手くいったのに、3打目以降のミスがバンカーのミスも含めトリプル。

東4デイスター
4番170yard、池越えのショートホール、なぜか、今日はショートホールは上手くゆくようで、ピン手前7歩に乗せて、ハーディー逃しのパー。

東5デイスター
5番381yard、ドライバーはまずまずだったのに、2打目無理して引っかけのOBが情けなく、9打+5が想定外。

東6デイスター
6番322yard、またしてもOBから特設ティーでダボ。

東7デイスター
7番157yard、またしてもピン横4歩にワンオンし、バーディー逃しのパー。

東8デイスター
8番549yard、引っかけ、2打目以降もミスが続いてダボ。

東9デイスター
9番380yard、距離が長く、いつもは右を狙うが、池手前の左方向狙いで、ドライバーはまずまず、でも、残り距離が長く、今日の出来ではグリーンを狙えずに右にレイアップし、3オンしても19歩もオーバー、1歩に寄せても3パットのダボが残念。

後半も、想定外のミスを連発して54回18パットの大叩きが残念。

| ラウンド日記2018 | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT